日本語から英語になった写真の専門用語『Bokeh』

英語で写真の話をしていると『Bokeh』と言う単語が頻繁に出てきます。普通のアメリカ人は使いませんが、写真を趣味にしている人ならば絶対に知っている単語が『Bokeh』です。

発音は人によって違う

不思議なスペリングをした『Bokeh』はアメリカ人でも読めません(笑)。なので人によって『ボーカ』もしくは『ボーケ』と発音しています。どちらかと言えば『ボーカ』の方が使われている気がします。

『Bokeh』の語源は日本語

『Bokeh』の語源は日本語の写真専門用語『ボケ』から来ています。だからアメリカ人でも読み方が混乱しているのです。

写真の専門用語『ボケ』とは

カメラのレンズはピントをあわせた場所から離れるにしたがって、ボケてしまいます。この原理を応用したテクニックが『Bokeh』なのです。

例えば秋葉原の路上でコスプレした女の子を撮影する場面を想像してください(笑)。普通に撮影してしまうと、秋葉原のごちゃごちゃした風景が邪魔になってしまいます。そこで『Bokeh』のテクニックを使うと女の子の顔にピントが合い、それ以外の部分をボケさせることができます。これで背景に写るごちゃごちゃした街並みが目立たなくなり、女の子をより際立たせることが可能になります。

補足:上記のテクニックではなく『ボカシ』のことを英語で言う場合には『blur』を使います。

『Bokeh』が広まった経緯

写真の専門用語として『Bokeh』が定着するようになった経緯は、1997年のフォトテクニックマガジンからだそうです(Wikipedia参照)。それ以前は『Boke』と『Bokeh』の両方が使われていたそうですが、その当時エディターだったマイク・ジョンストンさんがアメリカ人でも発音できるように『Bokeh』を使ったことから定着したようです。ただし発音は上記に書いたように、現在も混乱している状況です(笑)。

アメリカ人にとっては馴染みのない発音

日本人からすると『ボケ』と発音するのは簡単なことに思えますが、アメリカ人には『ボケ』と発音することができません。私が勝手に推測すると『board、boat、body』のようにboの部分を『ボー、ボウ、バァ』のように発音してしまうので、『ボ』と発音する概念がないからでしょう。また語尾に母音が来るケースが少ないことも何らかの影響を与えていると思います。

残念ながらアメリカ人の言語感覚を理解してないので本当のところはわかりませんが、アメリカ人にとって馴染みのない発音であることは間違いありません。

英語に関する書籍


最強英語脳を作る (ベスト新書)
出版社: ベストセラーズ
著者: 茂木健一郎


話すための英語力 (講談社現代新書)
出版社: 講談社
著者: 鳥飼 玖美子


日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)
出版社: 筑摩書房
著者: キャサリン・A. クラフト

日本語から英語になった英単語『アニメ』は、もはや『アニメーション』を意味しない!

アニメとアニメーションを使い分けている日本人はいないと思いますが、英語では「アニメ」と「アニメーション」は意味が異なります。

略語が好きな日本人

日本人は何かと単語を略語にする傾向があります。特に外来語は略語にされがちです。最初は物珍しい感じで使われても、いつの間にか日本国内に定着してしまいます。

モボ・モガ(モダン・ボーイとモダン・ガール)のように大正時代でも略語を使っていたことを考えると、日本人は略語が好きなようです。

略語化された外来語はもはや日本語

略語として一般化した外来語は、もはや日本語と言っていいと思います。なぜなら略語化された外来語は元の言語では通じないからです(笑)。

世界に広まった日本の略語「アニメ」

略語化された外来語は日本国内にとどまるのが一般的です。しがし略後となった言葉が海を越えて世界に広間ってしまったケースがあります。それが「アニメ」です。

「アニメーション」の略語である「アニメ」という単語が世界中に広まった背景には『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『ドラゴンボール』、『ポケモン』、『セーラームーン』などが世界中でヒットしたからです。

ただし日本のアニメは近年になって注目されたわけでは無く、『鉄腕アトム』や『マジンガーZ』などの作品が、すでに世界各地の子供たちに影響を与えていたようです。

「アニメーション」と「アニメ」は違う

「アニメ」という単語が海外に広まった時、すでにアニメは「アニメーションの略語」ではなく、別の意味になっていました。それは「日本のアニメーション」という意味です。

海外から見ると日本のアニメは独特のスタイルが確立されているので、「1つのジャンル」としてあつかわれました。ひとむかし前は「ジャパニメーション」と言われていましたが、現在はそのような単語を聞くことはなく、「アニメ」で通用します。

アルファベット表記してみると違いを実感できる

カタカナで「アニメーション」と「アニメ」を表記しても変化を感じませんが、”Animation” と “Anime” のようにアルファベットで表記してみると、この2つの単語が別物なのだと実感できます。最後のつづりが “me” になっていますね。

英語で「ディズニーアニメが好き」とは言えない!

“Anime” は「日本のアニメーション」という意味ですから、間違っても”I like Disney’s anime works” と使ってはいけません。海外にも熱狂的な「Anime」オタクはたくさんいますから怒られてしまいそうです(笑)。

“Anime” に関する書籍

ネットが無い時代にアメリカ人のオタクが日本のアニメ情報を入手しようとした苦悩がつづられた本が『オタク・イン・USA』です。笑いながら読みましたが、アメリカの情報が欲しくて似たような状況だった自分のことを懐かしく思い出してしまいました。


オタク・イン・USA:愛と誤解のAnime輸入史 (ちくま文庫)
出版社: 筑摩書房
著者: パトリック・マシアス
翻訳: 町山智浩

英単語 『Brain Surgery(脳外科手術)』の持つもうひとつの意味

『Brain(脳)』と『Surgery(外科手術)』をつなげ、『Brain Surgery』とすることで『脳外科手術』という言葉になります。医療関係者ならば頻繁に使う単語かもしれませんが、普通は頻繁に使う単語ではないでしょう・・・できることなら無縁でありたいものです(笑)。しかし”Brain Surgery”が持っているもうひとつの意味は普通の生活で頻繁に使用されます。

英単語『Brain Surgery(脳外科手術)』の持つもうひとつの意味

Brain Surgeryには『とても難しい作業』という別の意味もあります。たしかに脳の手術は難しそうな作業ですから、このような意味を持ったのは自然な流れかもしれません。だたし一般人が使う表現なので、医学用語のお堅いイメージからはかけ離れます。

notと共に使う

使い方は以前の記事に書いたRocket Science(ロケット工学)と全く同じです。肯定文で使っても問題ありませんが、notと共に使い “It’s not brain surgery.” と決まり文句のように使われます。わざわざBrain Surgeryという単語を使って表現しているので、「それは脳外科手術のように難しいことではないよ」と気軽にアドバイスしている感じで使います。

『Brain Surgery』と『Rocket Science』どちらを使うか?

どちらでも好きな方を使って問題ありません。正確な統計をとったことはありませんが、私の経験では『Brain Surgery』よりも『Rocket Science』の方がよく使われているような気がします。たぶん私の友達が医療系よりも工学系出身者が多いからでしょう(笑)。

医学と英語に関する書籍


東大病院発 医療スタッフのための英会話 CD BOOK
出版社: ベレ出版
著者: 東京大学医学部附属病院英語マニュアル出版プロジェクトチーム


『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』
出版社: SCICUS
著者: 田淵 アントニオ


必ずアクセプトされる医学英語論文 完全攻略50の鉄則
出版社: 金原出版
著者: 康永 秀生

英単語 『Rocket Science(ロケット工学)』の持つもうひとつの意味

Rocket Scienceを日本語に訳すとロケット工学という意味ですが、この単語には日常的に使うもうひとつの意味があります。

ロケット工学 = 難しい

Rocket Scienceには「難しい」というもうひとつの意味があります。たしかにロケット工学は頭の良い人たちが活躍する分野ですから、このような意味が生まれても不思議ではありません。

否定をともなうケースが多い

「難しい」という意味で使う時は否定をともなうケースが多く、 “It’s not rocket science.”のように使います。意味は「それは難しいことでは無いよ」となりますが、英語のニュアンスを残して日本語に訳すならば「それはロケット工学のように難しいことでは無いよ」といった感じです。

Rocket Scienceが使われるシチュエーション

新しいことを初めてする人に「それは難しいことでは無いよ」とアドバイスする時に使えます。例えば友人が「絵を描きたいけど、自分にできるかどうかわからない・・・」とためらっているときに

“Painting is not rocket science.”

と言って友人を励ますことができます。ただし通常の会話では、話の内容がわかっている状態ですから、Painting などの名詞はわざわざ使用しないので、 “It’s not rocket science.”と決まり文句のように使われることが多いです。

トップの写真について

この記事のトップに使用した写真はフロリダにあるケネディ宇宙センター・ビジターコンプレックスの展望台に設置されたロケットエンジンです。ケネディ宇宙センターの中に入れるツアーが開催されているので、フロリダ観光のおすすめスポットです。

追記

同じように使われるBrain Surgery(脳外科手術)について記事を書きました。

理系と英語に関する書籍


マンガでわかる技術英語
出版社: オーム社
著者: 坂本真樹


キクタンサイエンス工学編 (理系たまごシリーズ 13)
出版社: アルク
著者: 佐藤洋一


日経サイエンスで鍛える科学英語3 [ノーベル賞科学者編]
出版社: 日本経済新聞出版社
著者: 日経サイエンス編集部

ゲームのプレイ中にチャットでsupと声をかけられる

ネットゲームのプレイしていると、他のプレイヤーからチャットで”sup”と声をかけられたのですが、”sup”の意味がわからなかったのでオロオロしてしまいました。そうこうしているうちに、チャットしてくれたプレーヤーはどこかへ消えてしまいました。

瞬間的に英語で返答することの難しさ

現実の世界でも突然英語で声をかけられると戸惑ってしまい、返答ができなくなる時があります。ましてやチャットで瞬間的に英語で返答するのはなかなか至難の業です。

とりあえず”Hi!”と返信する

次回からは相手がチャットしてきたら、とりあえず”Hi!”と返信することを心がけようと思っています。相手が何かを質問してきている場合だったとしても、最初の返答として”Hi!”ならば問題ないでしょうから(笑)。

supについて

ゲームを中断してさっそくネットで”sup”を検索してみると、supとは”what’s up”の略語でした。whatが削除されて’sとupが結合されてできた単語のようです。

スペルに注目して考えると「最肝心なwhatが抜けてしまっていいのか?」と思ってしまいますが、発音に注目して考えてみると”what’s up”のwhatが抜けても意味が通じます。なので”sup”は発音的に短縮した単語だと考えると理にかなっています。

追記:挨拶のバリエーションと返答の仕方

YouTuberとして有名な「ちか」さんが制作している『バイリンガール英会話』に、挨拶と返答の仕方を解説した動画がアップされています。おかげで長年悩み続けたさまざまな挨拶の仕方と返答の仕方がわかりました。ほんと感謝!

How are you以外の10個の挨拶!〔#453〕

簡単で自然な挨拶への返し方!英語の挨拶 初心者編☆〔#456〕