「なす、桃、タコス」の絵文字に隠された意味(下ネタ) 『ジミー・キンメル・ライブ!』の調査?

アメリカのコメディー番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で「なす、桃、タコス、指」の絵文字についてある調査を行いました・・・もちろんジョークです。

ミネソタ大学の新しい調査によると・・・

「ミネソタ大学の新しい調査によると絵文字を受け取った人は、本来の意味から違った解釈をすることがある」と司会ジミー・キンメルさんが話を切り出した後に、「その調査は本当なのか?番組でも調査しました!」と話しています。

ちなみに調査場所はこの番組の定番スポット『ハリウッド・ブルバード』です。陽気な気分になった観光客が世界中から集まる場所なのでインタビューすると多くの人がノリノリで答えてくれます。

What Does This Emoji Mean?

「なす、桃、タコス、指」の絵文字を使った実験

ジミー・キンメルさんの番組では「なす、桃、タコ、指」の絵文字を使って「絵文字本来の意味とは違う解釈をすることがあるのか?」について調査します。ちなみにこの調査方法をジミー・キンメルさんが発表した瞬間にお客さんは笑っていますね(笑)。なぜならこれらは下ネタにつかわれる単語とジェスチャーだからです。

インタビューされた人は最初「Eggplant, Peach, Taco, Finger」と答えるのですが、コメディー番組の調査ですから下ネタが出るまで言わせています(笑)。

「なす、桃、タコス」の絵文字が持つ意味

英語をヒヤリングできたでしょうか?ヒヤリングできなくてもだいたい想像できたと思います。「桃」の絵文字が持つイメージは日本人でもわかる通りに「おしり」です。そして「なす」の答えは男性の重要な部分で、「タコス」の答えは女性の重要な部分です。「なす」と「タコス」は日本人にとって全くなじみがないイメージなのでビックリする使い方ですね。

下ネタとしての認知度

動画を見ているとアメリカ人でも「タコス」はすぐには気がつかないらしく、回答するまでに一瞬時間がかかっています。なのですぐさま下ネタと解釈するような物ではありません。ただし指の絵文字が示しているジェスチャーをしたらすぐにわかるので注意が必要です(普通使わないと思いますが・・・)。

タコスについて

タコスはメキシコの国民食と言っていい食べ物で、アメリカではフードトラックの屋台からファーストフード、レストランなどさまざまな場所で食べることのできる料理です。またテックスメックスと呼ばれるアメリカで進化したタコスもあります。

ちなみにジミー・キンメル・ライブ!で使用したタコスの絵はハードシェルを使用したテックスメックスのタコスだと思われます。なぜならハードシェルでないと「あのような形」にはならないからです(笑)。


カサフィエスタ タコシェル 128g (12枚入り)

追記:日本ではまだまだ知られていないタコス

日本ではまだまだタコスは知られていない状態です。まれにスパーやファーストフードでは全くタコスではない食べ物がタコスとして出回っていることがあります(笑)。そこでタコスについてまとめた記事を書きましたので、参考にしていただければ有難いです。

関連記事

良識ある大人は絶対しない!乳首をつかんでひねる子供の悪ふざけ『Titty Twister』

アカデミー助演男優賞にノミネートされた経験のある俳優のジョナ・ヒルさんが、『Titty Twister』をかましてしまったと告白する動画がアップされました(笑)。

Titty Twisterとは

ジミー・ファロンさんが司会するテレビ番組『ザ・トゥナイト・ショー』のゲストに呼ばれたジョナ・ヒルさんが衝撃的な告白をしました。初対面であるにもかかわらず映画監督J.J.エイブラハムさんに『Titty Twister』してしまったそうです。

『Titty Twister』とは親指と人差し指で相手の乳首をはさみ、ひねる行為です。あくまでも子供の悪ふざけであり、大人がするような行為ではありません(笑)。

Jonah Hill Rotated J.J. Abrams’ Nipples During Adele’s SNL Performance

追記:残念ながらThe Tonight Show Starring Jimmy FallonのYouTubeチャンネルから動画が削除されてしまいました。

Titty Twisterをしてしまった経緯

事件はサタデー・ナイト・ライブの収録時に起こりました。歌手のアデルさんが新曲『Hellow』を歌っている時に、舞台裏ではジョナ・ヒルさんと俳優のブラッドリー・クーパーさんが出番を待っていました。

ジョナ・ヒルさんはアデルさんのファンなので彼女の歌声に聴き入っていると、そこへ映画監督のJ.J.エイブラハムさんがやって来ました。ブラッドリー・クーパーさんはJ.J.エイブラハムさんと親しいのでハグをして挨拶をしたのですが、ジョナ・ヒルさんはJ.J.エイブラハムさんとあまり面識がありません。ジョナ・ヒルさんは挨拶をしなくてはと思っていたのに、なぜかJ.J.エイブラハムさんへ『Titty Twister』をしてしまいました(笑)。

これを目撃したブラッドリー・クーパーさんがあわてて『何やってんだよ!』と言ったことでジョナ・ヒルさんは我に返ったそうです。「なぜこんなことになってしまったか?」ジョナ・ヒルさんの説明によると、アデルさんの歌声があまりに素晴らしく、感動のあまりに、わけがわからない状態だっとのことです(笑)。

我に返ったジョナ・ヒルさんは次の日にJ.J.エイブラハムさんへ謝罪のメールを書いたところ、J.J.エイブラハムさんは気にしていないと返事をくれたそうです。

覚えておきたい重要表現

ジョナ・ヒルさんが「J.J.エイブラハムさんにTitty Twisterをしてしまった」と言ったときの表現が下記になります。

“I gave J.J. Abrams a giant titty twister.”

注目ポイントは『giant』が使われることによって英語がいきいきとしていることです(笑)。日本語にするなら『思い切りtitty twisterをしてしまった』が近い表現でしょう。

ジョナ・ヒルさんの出演する映画


ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]


マネーボール [SPE BEST] [DVD]


21ジャンプストリート/22ジャンプストリート [Blu-ray]