スターウォーズでアルファベットと数字を学習できる絵本:スターウォーズ・ボードブックス・シリーズ

3歳以下の子供が『アルファベット、数字、色』を学習できる絵本がスターウォーズ・ボードブックス・シリーズです。

スターウォーズ・ボードブックス・シリーズ

この絵本シリーズではスターウォーズの写真と共に『アルファベット、数字、色』を学習できます。子供が文字に興味を持てるようにアルファベットや数字が装飾されているのですが、基本となる形は装飾していないので子供が混乱することは無いと思います。

Star Wars ABC (Star Wars Board Books)

各ページにはアルファベットとそれに対応する単語(キャラクターの名前など)が掲載されています。また短い英文がついているので絵本としても使えますし、親が子供に写真の解説する時にもつかえます。

Star Wars 1, 2, 3 (Star Wars Board Books)

アラビア数字と共に英語のスペルも書かれています。短い英文も掲載されていますが、アルファベットの絵本よりも少し長めです。

Star Wars: Colors (Star Wars Board Books)

スターウォーズのキャラクターやメカの写真で色の学習ができる絵本も出版されています。基本的な色が掲載されているので英単語の学習に使えます。ただしスターウォーズの色彩で作られているので、日本人の色の感覚で作られていません。あえて子供の色の感覚を広げるのにはいい教材かもしれません。

イラストがすごくかわいいアルファベットの絵本

スターウォーズ・ボードブックス・シリーズ以外にも絵本でアルファベットを学習できる絵本が出版されています。『Star Wars ABC-3PO』はアルファベットと単語が掲載され、親が読み聞かせるための英文が掲載されています。アルファベットの文字が飾り文字になっている所は多少問題がありますが、親が基本的な文字の形状を解説するなり、スターウォーズ・ボードブックス・シリーズと共に使用するならば問題ないと思います。

上記の問題点よりも、この絵本の素晴らしいところはイラストがものすごくかわいいことです。特にR2-D2、ボバ・フェット、チューバッカなどのイラストは日本人の感覚で見てもよくできているので、子供たちも夢中になれると思います。

Star Wars ABC-3PO: Alphabet Book

4歳からの英語学習

英語を話すネイティブの子供たちが使うスターウォーズの学習教材も出版されています。日本の子供たちもレベルに応じて使えると思います。

関連記事:スターウォーズで英語と算数が学べるワークブック・シリーズ(幼児向け)

ディズニープリンセスを使ってアルファベットの学習ができる絵本『P is for Princess』

シンデレラ、アリエル、ベルなどのディズニープリンセスを使って英語のアルファベット学習ができる絵本が出版されています。

子供のアルファベットの学習に最適

ディズニープリンセスを好きな子供たちが興味を持って英語のアルファベット学習をできるように作られた絵本が『P is for Princess』です。アメリカのネイティブの子供たちが一番最初に使う絵本なので日本の子供が読んでも問題なく学習できるように作られています。親子で学習するにはちょうど良い教材になると思います。

P is for Princess (Disney Princess)

登場するプリンセス

この絵本では白雪姫、シンデレラ、オーロラ、アリエル、ベル、ジャスミン、ムーラン、ティアナ、ラプンツェルの9人のプリンセスが登場します。

指でなぞって覚える

アルファベットが大きく掲載されているので、子供たちが指でなぞることでアルファベットを覚えることができます。また下記順序も表示されているので、数字を覚えている子供なら1人でも学習できると思います。

隠された英単語を探す

この絵本ではアルファべットだけでなく、絵に対応した英単語も学べる仕組みになっています。絵本の一部に「めくることのできるできる箇所(Flap)」がついており、絵の下から簡単な英単語が出てくる仕組みになっています。

ソフィアを使ったバージョンも出版されています

『ちいさなプリンセス ソフィア』が好きな子供たちには、同じ絵本シリーズの『Sofia the First S Is for Sofia』を使って英語のアルファベット学習をすることができます。『P is for Princess』と同じ構成で作られているので、子供たちは楽しんで英語を学習できると思います。

Sofia the First S Is for Sofia

残念ながらシリーズに男の子の絵本は無い

アルファベットを覚えるにはよくできた絵本のシリーズなのですが、残念ながら男の子の絵本が発売されていません。ディズニーのコンテンツを扱った出版社が作っているのなら、スターウォーズを使った『S Is for Star wars』やアベンジャーズを使った『A Is for Avengers』なんて絵本が出版されてもいいと思うのですが・・・。

子供が英語を学習するのにちょうど良いレベルの絵本が多く揃っているディズニーの『ちいさなプリンセス ソフィア』

ディズニーが製作しているアニメ『ちいさなプリンセス ソフィア』は幼児向けに作られたアニメなので、子供の英語学習に適した絵本が多く出版されています。全ては紹介できないので、一般的な絵本を取り上げました。

アルファベットの学習

アルファベットの学習ができる絵本が『Sofia the First S Is for Sofia』です。アルファべットだけでなく、絵に対応した英単語も学べる仕組みになっています。


Sofia the First S Is for Sofia

日本語と英語の学習が同時にできる本

学研教育出版から出版されている『ちいさなプリンセスソフィア ことば絵じてん』は日本語と英語の両方が書かれた絵本です。タイトルが『ことば絵じてん』となっているようにストーリー性はありませんが、絵本と同じような感覚で楽しく学習できるようになっています。単語の解説文は日本語です。


ちいさなプリンセスソフィア ことば絵じてん: えいごつき (ディズニーの絵じてん)

英語学習をはじめたばかりの子供が読む絵本

ワールド・オブ・リーディング・シリーズやボックスセットの絵本は、ネイティブの子供たちが絵本を使って学習するための絵本です。1ページに短い英文が掲載されているだけなので、物語性はありませんが子供が英語学習に使用するには丁度良いレベルだと思います。

ワールド・オブ・リーディング・シリーズ

ワールド・オブ・リーディング・シリーズは英語を読みはじめた未就学児のための絵本を多く出版しています。ソフィアのアニメが対象とする子供とちょうど同じ対象年齢の子供が読む絵本なので、ソフィアのシリーズがたくさん出版されています。特に絵本も最もやさしいレベルのPre-Level 1とLevel 1が充実しています。


World of Reading: Sofia the First: Sofia Makes a Friend: Pre-Level 1

ボックスセット

ワールド・オブ・リーディングのシリーズを出版しているDisney Pressからソフィアのボックスセットも出版されています。ただしワールド・オブ・リーディングのシリーズとは違う絵本です。

Reading Adventures Sofia the First Level Pre-1 Boxed Set

10冊の絵本とシールをセットにしたボックスセットです。

Sofia the First Sofia’s Princess Adventures: Board Book Boxed Set

4冊の絵本をセットにしたボックスセットです。

文章が読めるようになった子供が読む絵本

「Disney Pressから出版されている絵本のシリーズ」、「リトル・ゴールデン・ブック・シリーズ」、「リードアロング・ストーリーブック・シリーズ」などは英語の文章がある程度読めるようになった子供が読む絵本です。基本的に簡単な英文でストーリーがわかるように書かれています。ソフィアの絵本は人気があるので、このレベルの絵本は他にもたくさん出版されています。

Disney Pressから出版されている絵本のシリーズ

Disney Pressから出版されている絵本のシリーズですが・・・このシリーズは名前がつけられていないので何と読んだらいいのかわかりません(笑)。


The Sofia the First: Royal Slumber Party

リトル・ゴールデン・ブック・シリーズ

絵本の定番リトル・ゴールデン・ブック・シリーズからもソフィアの絵本はたくさん出版されています。


Two Princesses and a Baby (Disney Junior: Sofia the First) (Little Golden Book)

リードアロング・ストーリーブック・シリーズ

Read-Along Storybook and CDシリーズは絵本にCDが付属しています。表現豊かにナレーターが朗読してくれるだけでなく、セリフのパートは声優さんの音源を使用しているのでアニメを見ているような臨場感があります。子供の英語学習だけでなく、大人の発音、リスニングの学習にも役立つでしょう。


Sofia the First Read-Along Storybook and CD: Once Upon a Princess

アニメと音楽で英語にふれる機会をつくる

絵本で英語の学習をはじめることも大切ですが、アニメや音楽で本物の英語にふれる機会を多く作ることはもっと大切です。子供向けのアニメですが、日本人の英語学習者向けに作られた発音や英文では無いので、大人が見ても十分勉強になると思います。

DVDを使った学習

1度日本語の音声で内容を確認したら、何度も英語の音声で見るようにします。この時日本語の字幕は絶対に表示してはいけません。なせなら日本語の字幕を読むと英語のヒアリングがおろそかになってしまうからです。


ちいさなプリンセス ソフィア/はじまりのものがたり [DVD]

日本語と英語の歌が収録されているCD

日本語と同じように英語の学習でも音楽は大切な学習方法です。下記のCDは日本語と英語の歌詞が収録されたサウンドトラックです。


ちいさなプリンセス ソフィア オリジナル・サウンドトラック

エルモと一緒に覚えるスペイン語のアルファベットソング

女優のジーナ・ロドリゲスさんとエルモが共に歌ってスペイン語のアルファベットを教えてくれる動画がセサミストリートのYouTubeにアップされています。

スペイン語が喋れる必要は無いけど・・・

アメリカに滞在すると英語と共に接するのがスペイン語です。スペイン語が喋れる必要は無いですが、英語とスペイン語の二重表記は当たり前の状況です。また簡単な単語などは映画やドラマを見ていても出てきますし、地名がスペイン語であるケースも多いです。なので英語の他にスペイン語を少し知っているといいかもしれません。

スペイン語のアルファベットを歌で覚える

英語のアルファベットソングと同じように、スペイン語のアルファベットも歌で覚えることができます。セサミストリートでは女優のジーナ・ロドリゲスさんがエルモにスペイン語のアルファベットを教え、一緒に歌える動画をYouTubeにアップしています。

Sesame Street: ABCs En Espanol (with Gina Rodriguez)

ジーナ・ロドリゲスさんについて

エルモと共に歌ってくれるのが女優のジーナ・ロドリゲスさんです。ジーナ・ロドリゲスさんはコメディー・ドラマ「Jane the Virgin (ジェーン・ザ・バージン) 」で主役のジェーンを演じています。

セサミストリートではスペイン語もたまに教えています

セサミストリートでは英語だけでなく、スペイン語を取り上げることがたまにあります。下記の動画ではソフィア・ベルガラさんがスペイン語で「Baile (踊る)」という意味の単語をエルモに教えます。

Sesame Street: Sofia Vergara – Baile

ソフィア・ベルガラさんについて

ソフィア・ベルガラさんは「Hot Pursuit – 邦題:キューティ・コップ」や「Chef – 邦題:シェフ 三ツ星フードトラック始めました」などの映画に出演しているコロンビア出身の女優さんです。スペイン語なまりの英語が特徴的なので強烈に印象が残る女優さんです。

スペイン語の関連商品

スペイン語のテキスト


文法から学べるスペイン語

スペイン語のテキスト


CDブック これなら覚えられる! スペイン語単語帳

スペイン語の辞書


ポケットプログレッシブ 西和・和西辞典

子供から大人までスターウォーズで英語学習できる教材 まとめ

子供から大人までスター・ウォーズで英語を学習できる教材をまとめてみました。英語学習は楽しみながら勉強することが重要なので、スター・ウォーズで勉強すればモチベーションが上がりますね。

  • Star Wars Workbooksシリーズ
  • World of Readingシリーズ
  • Star Wars Phonicsシリーズ
  • スター・ウォーズ英和辞典シリーズ
  • Read-Along Storybook and CDシリーズ
  • CD付 スター・ウォーズの英語シリーズ

Star Wars Workbooksシリーズ

幼児から小学生低学年までの英語と数学が学習できるワークブックです。ワークブックなので親子で楽しく会話しながら学習を進めていくと良いでしょう。スター・ウォーズのイラストがたくさん使われている上に、内容もスター・ウォーズに特化しています。Star Wars Workbooksシリーズのリストはこちらの記事に書いてあります。

Star Wars Workbooks – Preschool ABC Fun!: For Ages 4-5

Star Wars Kindergarten Phonics & ABCs, for Ages 5-6 (Star Wars Workbooks)

Kindergarten Writing & ABCs (Star Wars Workbooks)

World of Readingシリーズ

アルファベットを覚えた子供が最初に読むのにちょうど良いレベルの絵本がWorld of Readingシリーズです。このシリーズのレベル1は単語2個で作られた短い英文が掲載されているだけなので、非常に簡単です。イラストもきれいなので見ているだけでも楽しいです。レベル3くらいまでなら英語が苦手な親でも子供に読み聞かせができる絵本なのですが、残念ながら現在のところスター・ウォーズのシリーズはレベル1の絵本しか出版されていません。

World of Reading Star Wars The Force Awakens: Rey Meets BB-8: Level 1 (英語)

World of Reading Star Wars Escape from Darth Vader: Level 1 (英語)

World of Reading Star Wars AT-AT Attack! Level 1 (英語)

World of Reading Star Wars Ewoks Join the Fight: Level 1 (英語)

Star Wars Phonicsシリーズ

フォニックスの学習もスター・ウォーズで勉強できます。Star Wars Phonicsシリーズはフォニックスに特化した絵本です。1セットに10冊の絵本とワークブックがついています。親子で発音練習をしながら読むと楽しそうです。

Star Wars Phonics

Star Wars Phonics: Pack 2

スター・ウォーズ英和辞典シリーズ

タイトルが堅苦しいい『英和辞典』となっていますがスター・ウォーズに出てくる単語をイラストで解説した本です(注意:普通の英和辞典ではありません)。イラストが非常にわかりやすいので子供でも楽しんで読める本です。単語だけでなくスター・ウォーズに関連した例文が掲載されている事も非常に勉強になります。

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・ナイト編

Read-Along Storybook and CDシリーズ

Read-Along Storybook and CDシリーズのスター・ウォーズの絵本はイラストをBrian Roodさん、C-3POの声をAnthony Danielsさんが担当しています。バックグラウンド・ミュージックと音響効果も入っているので映画を見ているような雰囲気で絵本を楽しむことができます。英語の学習をはじめたばかりの人でもリスニングと発音の練習に活用するといいと思います。何百回も聞いて聞き取れる単語や英文を少しずつ増やし、英単語の持つイメージのまま頭に叩き込む訓練をするといいでしょう。知らない単語を調べることは必要ですが、学校教育のように日本語に翻訳しようとしたり、文法についてあれこれ考える必要はありません。英文や単語のイメージがつかめない箇所はほったらかしにして、繰り返し聞いたり、発音したりして英語に触れる量を増やすことが重要です。

Star Wars: A New Hope Read-Along Storybook and CD(英語)

Star Wars: The Empire Strikes Back Read-Along Storybook and CD(英語)

Star Wars: Return of the Jedi Read-Along Storybook and CD(英語)

Star Wars Rebels Ezra’s Wookiee Rescue Read-Along Storybook and CD(英語)

Star Wars The Force Awakens: Read-Along Storybook and CD(英語)2016年4月5日発売

CD付 スター・ウォーズの英語シリーズ

CD付 スター・ウォーズの英語シリーズは日本の英語学習者向けに作られた本です。CDによるリスニングができる上に、日本語の翻訳や英文の解説が掲載されています。上記に書いたRead-Along Storybook and CDシリーズとは英文が違うので、CD付 スター・ウォーズの英語シリーズも学習に役立と思います。ただしイラストはRead-Along Storybook and CDシリーズと同じBrian Roodさんの作品を使用しています。

CD付 スター・ウォーズの英語 (エピソード4 新たなる希望)

CD付 スター・ウォーズの英語 (エピソード5 帝国の逆襲)

CD付 スター・ウォーズの英語 (エピソード6 ジェダイの帰還)