カテゴリー
英語の学習教材

『アナと雪の女王』を使って英語に興味を持たせてみては?

気軽に英語と触れ合うことが英語学習の基本だと私は考えています。そこでディズニー『アナと雪の女王』の絵本を使って英語学習をすすめてみてはいかがでしょうか。『アナと雪の女王』ならば楽しみながら、英語の表現に興味を持つことができるのではないでしょうか?

カテゴリー
英語の学習教材

中学生くらいの英語力で読めるディズニー/ピクザーの『アーロと少年』の絵本

中学生くらいの英語レベルがあればゴールデン・ブック・シリーズの絵本が読めると思うので、リーディングの練習にちょうど良いと思います。また発音やリスニングも練習したい人向けにRead-Along Storybook and CDシリーズからも『アーロと少年』の絵本が出ています。

リトル・ゴールデン・ブックの『アーロと少年』

リトル・ゴールデン・ブック・シリーズから『アーロと少年』の絵本が出版されています。この絵本の対象年齢は2才から5才なので中学生くらいの英語レベルがあれば読めると思います。絵本なので1ページに掲載されている文章量は少ないですが、Step into Readingシリーズのステップ5よりもちょっと難く感じる人もいるかもしれません。そのような場合は松澤喜好さんの著書『英語耳』でもアドバイスされているように、ちょっと難しいと思う箇所や辞書を読んでもイメージがわかない箇所などは読み飛ばしてOKです。その代わり英語は大量に接することが重要なので何度も読み返してみるといいと思います。


The Good Dinosaur Little Golden Book (Disney/Pixar The Good Dinosaur)(英語)

ビック・ゴールデン・ブックの『アーロと少年』

リトル・ゴールデン・ブックよりもちょっと難しい絵本がビック・ゴールデン・ブックのシリーズです。このシリーズはビックと呼ばれているように絵本のサイズがリトル・ゴールデン・ブックよりも大きいです。対象年齢は3才から7才なのでリトル・ゴールデン・ブックの『アーロと少年』よりも文章量が増えているので、ストーリーを楽しむことができる内容になっています。またイラストが綺麗ですし、レイアウトも工夫されているので見ているだけでも楽しい気分になれます。


The Good Dinosaur Big Golden Book (Disney/Pixar The Good Dinosaur)

CDが付いた絵本

発音やリスニングのトレーニングにもチャレンジしたい人にはRead-Along Storybook and CDシリーズもおすすめです。ナレーターがストーリーを読み上げるだけでなく、ものによってはアニメに使用された声優さんの音声が収録されています。またバックグラウンドミュージックや効果音が入っているので中学生レベルの英語力が無い子供たちでも楽しめる絵本になっています。


The Good Dinosaur (Read-Along Storybook and CD) (A Disney Storybook and CD) (英語)