ポール・マッカートニーがカラオケを歌いながらリヴァプールを案内する動画

ジェームズ・コーデンさんが司会するコメディー番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』の人気コーナー『カープール・カラオケ』にポール・マッカートニーさんが出演しました。

ロンドンでの収録

TV番組『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』は通常ロサンゼルスのスタジオにて収録しているのですが、今回は特別にロンドンで収録がおこなわれました。

人気企画カープール・カラオケ

この番組の中で人気のコーナーが『カープール・カラオケ』です。司会のジェームズ・コーデンさんが車を運転し、ゲストと共にカラオケを歌います。今回はロンドンからの放送なので、特別にポール・マッカートニーさんが出演しています。

Paul McCartney Carpool Karaoke

ポール・マッカートニーさんが出演

今回の『カープール・カラオケ』はポール・マッカートニーさんの出身地リヴァプールをドライブしています。ポール・マッカートニーさんの歌だけでなく、若いころの思い出話も聴けるので貴重な映像になっています。

訪れる場所

通常の『カープール・カラオケ』は車の中がメインですが、今回は特別にさまざまな場所に立ち寄ります。ペニー・レイン通り、ペニー・レインの床屋、若いころに住んでいたアパート、そして最後はパブでポール・マッカートニーさんのサプライズ・ライブが開催されます。

ポール・マッカートニーさんが若いころを思い出しながらアパートのトイレで歌うなど、かなり貴重な映像になっています。ビートルズのファンは必見の動画です。

新曲『Come On To Me』の歌詞動画

『カープール・カラオケ』で歌われた新曲『Come On To Me』の歌詞動画がアップされています。

Paul McCartney – ‘Come On To Me (Lyric Video)’

ニューアルバム『エジプト・ステーション』

ポール・マッカートニーさんのニューアルバムが2018年9月7日にリリースされる予定です。もちろん 『Come On to Me』も収録されています。

CD


エジプト・ステーション

レコード盤

コレクター専用にレコード盤も発売予定。

エジプト・ステーション(デラックス2LP)(完全生産限定盤) [Analog]

リン=マニュエル・ミランダとジェームズ・コーデンが体を張ったミュージカル『ヘアー』

ジェームズ・コーデンさんの人気企画クロスウォーク・ザ・ミュージカルがついに『ヘアー』を路上で上演することになりました。全裸シーンはどうなっているのか気になるところです(笑)。

体を張ったミュージカル『ヘアー』

全裸シーンがあるのでYouTubeでは年齢確認のためにログインが必要です。本当はテレビ番組で放送しているのだから問題はないのですが・・・ぜひログインして鑑賞してください。ヒッピー文化を伝える素晴らしい作品になってると思います(笑)。

追記:現在ログインしなくても見られるようになりました。

Crosswalk the Musical: Hair w/ Lin-Manuel Miranda

リン=マニュエル・ミランダさん登場!

今回の特別ゲストはミュージカル『ハミルトン』を制作したリン=マニュエル・ミランダさんです。今やブロードウェイだけでなく、ディズニー作品『モアナと伝説の海』を手掛けたり、来年は映画『メリー・ポピンズ・リターンズ』にも出演する予定です。

Orgyとは

ジェームズ・コーデンさんが60年代の精神を体感するためにみんなでOrgyをしようと提案しますが、メンバー全員が固まってしまいます。Orgyとは乱交パーティーのことですがら、みんな固まって当然です(笑)。

全裸シーンはどうなったのか?

ミュージカルの最後にリン=マニュエル・ミランダさんとジェームズ・コーデンさんが全裸シーンにチャレンジします(笑)。演技をやりとげたリン=マニュエル・ミランダさんは、あそこを振って “I never felt so free.” と叫んでいます(笑)。

ミュージカル『ヘアー』

CD


Hair Original Broadway Cast Recording


Hair / New B.C.R. (Snys)

楽譜


Hair Broadway Version Vocal Selections for Piano/Vocal/chords

映画


ヘアー [Blu-ray]

リン=マニュエル・ミランダさんの作品

ミュージカル『ハミルトン』


Obc: Hamilton


Hamilton: An American Musical (Vocal Selections)
出版社: Hal Leonard Corp
作曲: Lin-manuel Miranda

ディズニーアニメ『モアナと海の伝説』


Ost: Moana (2-disc deluxe edition)


ボーカル&コーラス ミニアルバム モアナと伝説の海
出版社: ヤマハミュージックメディア

エルモとグローバーが解説する父の日(Father’s Day)

エルモとグローバーが父の日(Father’s Day)の解説をしてくれるのですが、人気コメディアンのジェームズ・コーデンさんがゲストで参加しています。

ストーリー

エルモとグローバーが『父の日』の説明を使用としているところに、ジェームズ・コーデンさんがやってきて『ホリデーの専門家だからまかせてくれ』と言いますが、全く違うホリデーを紹介してしまいます。

エルモとグローバーがヒントを与えるのですが、ジェームズ・コーデンさんはなかなか当てることができません。最後には答えを教えてもらい、しかも父の日のプレゼントとしてシッピーカップ(Sippy Cup)をもらってしまいました。

Sesame Street: James Corden Celebrates Father’s Day with Elmo and Grover

Fの発音に注目

エルモがジェームズ・コーデンさんにプレゼントをあげた後に、Fの発音を強調して『fff Father’s Day』と言っています。

シッピーカップ(Sippy Cup)とは

幼児用のこぼれにくい構造をしたコップをシッピーカップと呼びます。”sip”は動詞で「お茶、お酒などを少しずつ飲む」という意味です。


OXO Tot NEWハンドル付シッピーカップ (グリーン)


Thinkbaby – シッピー カップ


Thermos サーモス Foogoシリーズ 持ち手付きシッピーカップ

横断歩道で『メリー・ポピンズ』を上演するジェームズ・コーデンのミュージカル

ジェームズ・コーデンさんが率いる劇団が、ついにイギリスで上演することになりました。今回はイギリスと言うことで『メリー・ポピンズ』です。

クロスロード・ミュージカル

横断歩道でミュージカルを上演する動画は、アメリカの人気コメディー番組『レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン』の人気コーナー『クロスウォーク・ザ・ミュージカル』です。コメディアンのジェームズ・コーデンさんが気難しい劇団長を演じています。

Crosswalk the Musical: Mary Poppins

演目『メリー・ポピンズ』の発表

ジェームズ・コーデンさんが劇団員にもったいぶって今回の演目を発表しようとするのですが、劇団員はイギリスを舞台にした『キャット』や『マイ・フェア・レディ』だと早とちりしてしまいます。気を落としたジェームズ・コーデンさんは「後でEメールで知らせる」と一時的にすねてしまいます(笑)。

それでもいいとこどりをしたいジェームズ・コーデンさんは今回の演目が『メリー・ポピンズ』であることを発表します(笑)。

ちなみにイギリスでは下にリンクした『メリー・ポピンズ』のミュージカルが去年まで上演されていました。

Mary Poppins | UK Tour Trailer (2016)

主役とゲストの発表

いつもと同様に今回の主役は劇団長であるジェームズ・コーデンさんがメリー・ポピンズを演じます。また今回の特別ゲストは映画『ガンジー』でアカデミー主演男優賞を受賞したベン・キングズレーさんです。

撮影場所

エストミンスター区にあるセント・クレメント・デーンズ教会の前で撮影されました。近くには王立裁判所や、紅茶で有名なトワイニングの歴史ある紅茶店があります。

あくまでコメディーです

いつものようにジェームズ・コーデンさんが演じる劇団長は次々と失礼な発言をしていきます。「『ジュリー・アンドリュースよりもジェームズ・コーデンは上手い』とみんなが言うのが聞こえる」とか、ベン・キングズレーさんに対しても「今の演技に比べると映画『ガンジー』での演技はアマチュアのレベルだ」と言われてもうれしくない表現で褒めています(笑)。

メリー・ポピンズの関連商品

映画


メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]


ウォルト・ディズニーの約束 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

サウンドトラック&楽譜


メリー・ポピンズ ― オリジナル・サウンドトラック (デジタル・リマスター盤)


女声三部合唱 メリー・ポピンズ (ピアノ伴奏CD付)

ミュージカル版


メリー・ポピンズ・ロンドン・キャスト・ミュージカル版


ミュージカル「メリー ポピンズ」/ハル・レナード社/ミュージカル ヴォーカル・セレクション

政治ネタと下ネタで英語学習ができるアメリカのコメディー番組のリスト

アメリカで人気のコメディー番組『サタデー・ナイト・ライヴ』と『ザ・デイリー・ショー』を中心におすすめのリストを作りました。どの番組もYouTubeに動画をアップしているので、英語の勉強に役立ちます。

英語学習に役立つコメディー番組

アメリカの深夜に放送しているコメディー番組では、政治を中心としたニュースをコメディーとして扱っています。英語力だけではなく、日常の知識、ゴシップ、皮肉を中心としたお笑いのセンスを理解していないと笑えません。なので日常的な英語力を身につけたい人はチェックしてみるといいかもしれません。

リンク先について

下記に紹介するYouTubeチャンネルは動画のリストにリンクしています。(注意点:各YouTubeチャンネルにあるホームボタンを押すと動画が自動的にスタートし、音声が出てしまうことがあります)

コメディー番組のリスト

サタデー・ナイト・ライブ

1975年から続くコメディーの最長寿番組。有名なコメディアンや脚本家を数多く輩出しています。

Saturday Night Live

ザ・デイリー・ショー・ウィズ・トレバー・ノア

ニュース番組のようなスタイルで政治や時事を痛烈に風刺する番組が『ザ・デイリー・ショー』です。この番組はジョン・スチュワートさんが司会を担当してから人気が上がり、人気のコメディアンを輩出しています。現在は南アフリカ出身のトレバー・ノアさんが司会を務めています。

The Daily Show with Trevor Noah

ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア

『ザ・デイリー・ショー』に出演していたスティーヴン・コルベアさんが司会をする番組。定期的に『ザ・デイリー・ショー』のメンバーが出演することがあります。

The Late Show with Stephen Colbert

レイト・ナイト・ウィズ・セス・マイヤーズ

セス・マイヤーズさんは『サタデー・ナイト・ライヴ』の脚本家として活躍し、現在『レイト・ナイト』の司会を務めています。

Late Night with Seth Meyers

ラスト・ウィーク・トゥナイト・ウィズ・ジョン・オリバー

『ザ・デイリー・ショー』に出演していたジョン・オリバーさんが司会をする番組。毎回1つのテーマを鋭く風刺する番組構成です。

Last Week Tonight with John Oliver

フル・フロンタル・ウィズ・サマンサ・ビー

『ザ・デイリー・ショー』に出演していたサマンサ・ビーさんが司会する番組。女性ならではの視点でニュースを笑いに変えます。

Full Frontal with Samantha Bee

ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン

『サタデー・ナイト・ライブ』に出演し、『レイト・ナイト』で司会を務めたジミー・ファロンさんが司会をしています。

The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

ジミー・キンメル・ライブ!

司会のジミー・キンメルさんと宿敵マット・デイモンさんとの対決が定期的に行われます(笑)。過去にはマット・デイモンさんが番組を乗っ取ったこともあります(笑)。

Jimmy Kimmel Live

ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン

トニー賞演を受賞したことのあるジェームズ・コーデンさんが司会を務める番組。音楽やミュージカルを使った企画が人気。

The Late Late Show with James Corden

コナン

コナン・オブライエンさんは『サタデー・ナイト・ライブ』、『ザ・シンプソンズ』の脚本家として活躍し、『レイト・ナイト』、『ザ・トゥナイト・ショー』の司会を務めました。現在は『コナン』の司会を務めています。

Conan

リアル・タイム・ウィズ・ビル・マー

ビル・マーさんは、テレビ番組『ポリティカル・インコレクト』の司会を務めた後、『リアル・タイム・ウィズ・ビル・マー』をスタートしました。政治や社会風刺を得意とした司会者です。

Real Time with Bill Maher

コメディーに関する英語の書籍


The Daily Show (The Book): An Oral History as Told by Jon Stewart, the Correspondents, Staff and Guests(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Chris Smith
はしがき: Jon Stewart


Born a Crime: Stories from a South African Childhood(英語)
出版社: Spiegel & Grau
著者: Trevor Noah


I Am America (And So Can You!)(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Stephen Colbert


America Again: Re-becoming the Greatness We Never Weren’t(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Stephen Colbert


Thank You Notes
出版社: Grand Central Publishing
著者: Jimmy Fallon、the Writers of Late Night


Thank You Notes 2
出版社: Grand Central Publishing
著者: Jimmy Fallon、the Writers of Late Night