信号が青の時のみ上演されるクロスウォーク・ザ・ミュージカル『美女と野獣』

アメリカのテレビ局CBSで放送されているザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデンにCrosswalk the Musicalという人気企画があります。このミュージカルは信号が青の時のみ横断歩道で講演するコメディーです(笑)。

クロスウォーク・ザ・ミュージカル『美女と野獣』

ディズニーの実写映画『美女と野獣』が劇場公開されるので、ジェームズ・コーデンさんの率いる劇団も『美女と野獣』にチャレンジすることになりました。今回は特別ゲストに実写映画『美女と野獣』の俳優さんが参加しています。

Crosswalk the Musical: Beauty and the Beast

特別ゲスト

実写映画『美女と野獣』から参加した俳優さんは野獣役のダン・スティーヴンスさん、ガストン役のルーク・エヴァンズさん、ル・フウ役のジョシュ・ギャッドさんの3人です。

ジェームズ・コーデンの率いる劇団

この企画ではジェームズ・コーデンさんが気難しく、身勝手な劇団長を演じています。ジェームズ・コーデンさんは常に主役を演じ、稽古では意味不明なトレーニングを劇団員に強制します・・・このような劇団に対するイメージは日本だけでなく、どうやら世界共通のようですね(笑)。

ジェームズ・コーデンについて

ジェームズ・コーデンさんはイギリス出身のコメディアンですが、2012年にトニー賞 演劇主演男優賞を受賞した経歴があります。ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』でもパン屋の主人を演じていました。

『美女と野獣』の関連商品

オリジナル・サウンドトラック


美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック – デラックス・エディション-<英語版[2CD]>

ボーカル楽譜


ボーカル&コーラス ミニアルバム 美女と野獣

ピアノ楽譜


ピアノソロ/連弾 初級 やさしく弾ける 美女と野獣

実写映画『美女と野獣』 酔っぱらいがどんちゃん騒ぎする歌『強いぞ、ガストン』公開!

エマ・ワトソン主演の映画『美女と野獣』の劇場公開に合わせて、ガストンとル・フウが歌う『強いぞ、ガストン』のオーディオが公開されました。

衝撃的な歌『強いぞ、ガストン』

1992年に公開されたディズニーの長編アニメーション『美女と野獣』を見た時に衝撃をうけた歌が『強いぞ、ガストン』です。まさかディズニーアニメに酔っぱらいがどんちゃん騒ぎする歌が登場するとは思っていませんでした(笑)。

Gaston (From “Beauty and the Beast”/Audio Only)

斬新なキャラクター、ガストン

ガストンは他のディズニー・ヴィランズ達とは全く異なり、悪党っぽくありません。ガストンを簡単に説明するなら「いつも飲み屋で暴れている下品なおっさんが、とうとう短絡的な殺人を起こしてしまった」と言えるでしょう。完全に憎めないガストンのキャラクター設定はリアリティがあり、ディズニーアニメーションの新たな方向性を感じました。

実写映画で歌うのはルーク・エヴァンズさんとジョシュ・ギャッドさん

ガストン役は『ホビット』で弓の達人バルドを演じたルーク・エヴァンズさん、そしてル・フウ役は『アナと雪の女王』でオラフを演じたジョシュ・ギャッドさんがキャスティングされています。下にリンクした『強いぞ、ガストン』を歌うシーンの動画を見れば、2人ともはまり役であることがわかります。

“Gaston” Clip – Disney’s Beauty and the Beast

『強いぞ、ガストン』のライブ動画

ルーク・エヴァンズさんとジョシュ・ギャッドさんが歌い、作曲家のアラン・メンケンがピアノを演奏したライブ動画がアップされています。このライブは映画の記者会見で行われたパフォーマンスです。

“Gaston” live – Josh Gad, Luke Evans, Alan Menken at “Beauty and the Beast” press conference

『美女と野獣』の関連商品

オリジナル・サウンドトラック


美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック – デラックス・エディション-<英語版[2CD]>

ボーカル楽譜


ボーカル&コーラス ミニアルバム 美女と野獣

ピアノ楽譜


ピアノソロ/連弾 初級 やさしく弾ける 美女と野獣