わかっちゃいるけど、やる気がでない英語学習に

英語ができたら仕事やプライベートが充実したものになるのに・・・わかっちゃいるけど、やるきがでない。そのような時に堀江貴文さんの著書『英語の多動力』を読むと、モチベーションが上がると思います。

英語の多動力

英語を勉強しなくていい理由を作らない

この本ではAI翻訳機の利便性を肯定しながらも「AI翻訳機を使えばいいから英語学習をしない」という言い訳を否定します。また英語を使うことによって「どのような自分になりたいのか?」ということを考えさせてくれます。ただ単純に「英語が堪能に話せる人になりたい・・・」わけではないですよね?

お勉強ではなく学ぶこと

中学と高校の「お勉強」のような英語学習をする必要が無いと書いています。楽しんで、没頭し、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら成長していくのが「学び」だとのこと。自分自身が没頭できる方法を考え、実行すれば楽しんで英語学習できそうですよね。

悔しい体験を重ねる

外国人に話しかけられたけど英語が通じない・・・そんな悔しい経験ありますよね?そんな時は心が折れて英語学習をやめたくなりますが、堀江さんは「それでいいのだ、その悔しさが学習のモチベーションにつながる」と書いています。あえて何度も悔しい思いをすることで、英語がどんどん頭に入ってくる。いつしか英語を使うことが楽しいに変わっていくとのこと。何度もトライするしかないですよね。

インタビュー

堀江貴文さんの話だけでなく、元グーグルの村上憲郎さん、教育者の坪谷ニュウエル郁子さん、QQ Englishの藤岡頼光さんなど、英語との出会いで人生を変えた人たちのインタビューが掲載されています。刺激的なお話ばかりなので、いい影響を受けること間違いなしです。

英語の多動力

著者: 堀江貴文
出版社: ディーエイチシー