日本語から英語になった写真の専門用語『Bokeh』

英語で写真の話をしていると『Bokeh』と言う単語が頻繁に出てきます。普通のアメリカ人は使いませんが、写真を趣味にしている人ならば絶対に知っている単語が『Bokeh』です。

発音は人によって違う

不思議なスペリングをした『Bokeh』はアメリカ人でも読めません(笑)。なので人によって『ボーカ』もしくは『ボーケ』と発音しています。どちらかと言えば『ボーカ』の方が使われている気がします。

『Bokeh』の語源は日本語

『Bokeh』の語源は日本語の写真専門用語『ボケ』から来ています。だからアメリカ人でも読み方が混乱しているのです。

写真の専門用語『ボケ』とは

カメラのレンズはピントをあわせた場所から離れるにしたがって、ボケてしまいます。この原理を応用したテクニックが『Bokeh』なのです。

例えば秋葉原の路上でコスプレした女の子を撮影する場面を想像してください(笑)。普通に撮影してしまうと、秋葉原のごちゃごちゃした風景が邪魔になってしまいます。そこで『Bokeh』のテクニックを使うと女の子の顔にピントが合い、それ以外の部分をボケさせることができます。これで背景に写るごちゃごちゃした街並みが目立たなくなり、女の子をより際立たせることが可能になります。

補足:上記のテクニックではなく『ボカシ』のことを英語で言う場合には『blur』を使います。

『Bokeh』が広まった経緯

写真の専門用語として『Bokeh』が定着するようになった経緯は、1997年のフォトテクニックマガジンからだそうです(Wikipedia参照)。それ以前は『Boke』と『Bokeh』の両方が使われていたそうですが、その当時エディターだったマイク・ジョンストンさんがアメリカ人でも発音できるように『Bokeh』を使ったことから定着したようです。ただし発音は上記に書いたように、現在も混乱している状況です(笑)。

アメリカ人にとっては馴染みのない発音

日本人からすると『ボケ』と発音するのは簡単なことに思えますが、アメリカ人には『ボケ』と発音することができません。私が勝手に推測すると『board、boat、body』のようにboの部分を『ボー、ボウ、バァ』のように発音してしまうので、『ボ』と発音する概念がないからでしょう。また語尾に母音が来るケースが少ないことも何らかの影響を与えていると思います。

残念ながらアメリカ人の言語感覚を理解してないので本当のところはわかりませんが、アメリカ人にとって馴染みのない発音であることは間違いありません。

英語に関する書籍


最強英語脳を作る (ベスト新書)
出版社: ベストセラーズ
著者: 茂木健一郎


話すための英語力 (講談社現代新書)
出版社: 講談社
著者: 鳥飼 玖美子


日本人の9割が間違える英語表現100 (ちくま新書1230)
出版社: 筑摩書房
著者: キャサリン・A. クラフト