「なす、桃、タコス」の絵文字に隠された意味(下ネタ) 『ジミー・キンメル・ライブ!』の調査?

アメリカのコメディー番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で「なす、桃、タコス、指」の絵文字についてある調査を行いました・・・もちろんジョークです。

ミネソタ大学の新しい調査によると・・・

「ミネソタ大学の新しい調査によると絵文字を受け取った人は、本来の意味から違った解釈をすることがある」と司会ジミー・キンメルさんが話を切り出した後に、「その調査は本当なのか?番組でも調査しました!」と話しています。

ちなみに調査場所はこの番組の定番スポット『ハリウッド・ブルバード』です。陽気な気分になった観光客が世界中から集まる場所なのでインタビューすると多くの人がノリノリで答えてくれます。

What Does This Emoji Mean?

「なす、桃、タコス、指」の絵文字を使った実験

ジミー・キンメルさんの番組では「なす、桃、タコ、指」の絵文字を使って「絵文字本来の意味とは違う解釈をすることがあるのか?」について調査します。ちなみにこの調査方法をジミー・キンメルさんが発表した瞬間にお客さんは笑っていますね(笑)。なぜならこれらは下ネタにつかわれる単語とジェスチャーだからです。

インタビューされた人は最初「Eggplant, Peach, Taco, Finger」と答えるのですが、コメディー番組の調査ですから下ネタが出るまで言わせています(笑)。

「なす、桃、タコス」の絵文字が持つ意味

英語をヒヤリングできたでしょうか?ヒヤリングできなくてもだいたい想像できたと思います。「桃」の絵文字が持つイメージは日本人でもわかる通りに「おしり」です。そして「なす」の答えは男性の重要な部分で、「タコス」の答えは女性の重要な部分です。「なす」と「タコス」は日本人にとって全くなじみがないイメージなのでビックリする使い方ですね。

下ネタとしての認知度

動画を見ているとアメリカ人でも「タコス」はすぐには気がつかないらしく、回答するまでに一瞬時間がかかっています。なのですぐさま下ネタと解釈するような物ではありません。ただし指の絵文字が示しているジェスチャーをしたらすぐにわかるので注意が必要です(普通使わないと思いますが・・・)。

タコスについて

タコスはメキシコの国民食と言っていい食べ物で、アメリカではフードトラックの屋台からファーストフード、レストランなどさまざまな場所で食べることのできる料理です。またテックスメックスと呼ばれるアメリカで進化したタコスもあります。

ちなみにジミー・キンメル・ライブ!で使用したタコスの絵はハードシェルを使用したテックスメックスのタコスだと思われます。なぜならハードシェルでないと「あのような形」にはならないからです(笑)。


カサフィエスタ タコシェル 128g (12枚入り)

追記:日本ではまだまだ知られていないタコス

日本ではまだまだタコスは知られていない状態です。まれにスパーやファーストフードでは全くタコスではない食べ物がタコスとして出回っていることがあります(笑)。そこでタコスについてまとめた記事を書きましたので、参考にしていただければ有難いです。

関連記事