カテゴリー
食べ物

日本人の味覚に合わせたタコス開発・・・不思議な食べ物になってしまったケースもあるが進化する可能性もあり!

タコスはメキシコ料理の代表的な食べ物です。その後アメリカでテックスメックス料理として進化し、現在では日本でも食べられる機会が増えてきました。

タコスブームは来るのか?

最近は東京都内でもタコスが食べられるお店が増えてきました。日本人が経営しているお店も多いですが、アメリカの『タコベル』、オーストラリアの『グズマン イー ゴメズ』などのファーストフードチェーンもオープンしています。これを機にメキシコ料理が日本に知られ、気軽にタコスが買える状況になると嬉しいのですが、現状を見るとなかなかハードルが高そうです。

日本人の味覚に合わせたタコス開発

タコスに使われる香辛料は日本人にとって馴染みのないものが多く、そのままでは日本人の味覚に合わないようです。またコストの問題があるのでアメリカのメキシコ料理店やフードトラックなどで売っているタコスのように野菜と肉がたっぷり入っているタコスは再現できません。そこで日本人向けのオリジナル・タコスが発売されています。

まれに不思議な食べ物になってしまったケースも

ただし日本人向けのオリジナル・タコスと言っても、ファーストフード店やスーパーで売っているタコスは「味とコストの問題」をかなりシビアにクリアしなくてはなりません。なので改良に改良を重ねた結果、タコスの原型すら残っていない商品も発売されています。

タコスを包んでいるトルティーヤがピザもしくはナンの生地を使っている商品、トルティーヤの薄さは再現しているけど具材がハムだけの商品など、不思議な食べ物になってしまった商品が発売されています。これらの商品をメキシコ人が食べたらビックリすると思いますが、日本人の一般消費者には満足できる商品になっているのかもしれません。本当のタコスを食べたことがある人は日本の食品メーカーが苦心して作り出したアイディア商品として食べてみると感慨深くなれるでしょう(笑)。

メキシコ料理 + 日本料理の可能性

アメリカのテックスメックスもメキシコ系移民以外の民族を意識して作られたものですから、このような進化の過程は重要です。現在アメリカではメキシコ料理とフランス料理が合体したレストランもあるので、日本のタコスも進化する可能性があります。

TOEICテスに出てきたメキシコ料理 + 韓国料理の可能性

ただしTOEICテストの公式問題集に出てくるメキシコ料理と韓国料理の合体した料理の存在は聞いたことがありません。あくまでフィクションだと思うのですが、メキシコ系と韓国系の移民が多いアメリカでは可能性としてはありえます。ただしどちらも味が強いのでどのような味になるのか想像もつかないです(笑)。

タコスを食べるならトルティーヤから自分で作るのがベストかも?

メキシコ系の移民が多く住んでいるアメリカでは、アメリカのタコスでさえ「タコスはこんなものではない!メキシコに行って本物を食べなさい!」とよく言います。また「メキシコ料理は手作りが基本だ」と言っている人もいるので、本格的なメキシカン料理を食べられる機会は少ない日本ではトルティーヤから自分で作るのがベストかもしれません。

Tacos: Recipes and Provocations

Mexican Slow Cooker Cookbook: Easy, Flavorful Mexican Dishes That Cook Themselves

Dos Caminos Mexican Street Food: 120 Authentic Recipes to Make at Home

関連記事