有名大学を目指さない理由

下記の記事はあくまでひとつの傾向です

アメリカは広大で州ごとに気候、風土、法律などが違います。さらに人種、宗教、など背景となる文化、習慣が違う人たちが大勢暮らしています。そこに貧富の差や世代(移民1世、2世、3世)による違いなど複雑な要素が入ってきますので、人によって教育に対する考え方や、お金に対する価値観は全く違います。

そういうわけで一概に「アメリカは○○である」と言うことはできません。「南カリフォルニアに住む、裕福ではないが日常生活できる程度の経済力を持つ家庭」における、ひとつの傾向と思って読んで頂ければと思います。

アメリカの大学は学費が高い

アメリカの大学は学費が異常に高く、さらに年々学費が値上がりしています。そのために一般家庭で育った学生はあまり有名大学を目指していないようでした。そのような学生は有名大学を目指すというより、奨学金を提示してくれる大学を選ぶケースが目に付きました。

州立大学で6万ドル、私立大学で20万ドル

アメリカのニュース番組で卒業するまでの学費の平均は州立大学で6万ドル、私立大学で20万ドルかかると報じていました。1ドルを120円で換算すると州立大学で720万円と私立大学で2400万円ですから大金です。信じられないかもしれませんが、知名度のない私立大学でも卒業までに20万ドルかかることがあるので、さらに学費の高い大学があっても珍しくはないと思われます。

学費はリスクなのか?

リーマンショック以前は有名大学を卒業すると年収が他の大学と比べて高いと言われていました。しかし今や有名大学を卒業しても仕事が無いケースも考えられるので、有名大学を卒業することがリスクになっていると考える人も増えてきています。なぜならアメリカで有名大学と呼ばれる学校は私立大学が多いので、上記に書いたように学費が異常に高いからです。

自立しているから学費を自分で払うのか?

日本では「アメリカの学生は自立しているから学費を自分で借金して払う」と言う話をよく聞きますが、残念ながらアメリカの学生にどれくらい自立心があるのか確認できていません。通常の学生は「家庭のお金を集めても有名私立大学に行くような学費は払えない」状況だと思います。そもそも学生の親自身が自分の学生ローンを払い終えなくてはなりません。ローンを払い終えた頃に自分の子供が学生ローンをくむ頃だったりすると、親が子供の学費をすべてサポートすることは難しいかもしれません。個人的には「自立心の差」と考えるより、日本とはシステムと慣習が違うというと考えた方が理解しやすいと思います。

学費は自分で借金する

一般家庭の学生は学費の安い州立大学、もしくは奨学金を出してくれる大学に入学し、足らない学費は借金する方法をとります。アメリカの場合は学生ローンが充実しているので借金することは普通のことですが、卒業後に返済しなくてはならないので学生にかかるプレッシャーは大きいと思われます。

さらに学費をおさえるために

コミュニティーカレッジから大学へ編入

さらに学費をおさえ、学生ローンを小さくするためにコミュニティーカレッジに入学する方法があります。コミュニティーカレッジで単位を取得してから大学へ編入することで、大学での学費をおさえることができます。コミュニティーカレッジによりますが、講義を担当する講師は私立大学と兼務していることが多く、なかには有名私立大学の講師が担当するクラスもあるのでお得です。

自宅から通える州立大学を選ぶ

ちなみにコミュニティーカレッジの学生たちは「自宅から通える州立大学」を希望するケースが多く、交通費と時間を無駄にしたくないので「自宅から大学までの距離が近い大学を」選択する傾向があります。たぶん学生の頭の中は「自立」よりも「学費をおさえる」ことでいっぱいなのでしょう。

留学生の学費はさらに高い

州立大学を卒業するまでにかかる学費は720万円と書きましたが、この金額はその州立大学と同じ州に住んでいる住民のケースです。なので他の州から入学する人や、海外からの留学生は住民以上の金額を支払わなければなりません。州立大学によっては私立大学なみに学費が高いケースもあります。

有名私立大学に入った方がいいケースもある

専攻する学科によっては有名私立大学に入らないと仕事に就くことが難しくなってしまうケースもあると思います。そのような場合は私立大学でも入学した方がいいかもしれません。ただしリーマンショック以後はその仕事に就ける保証はないので、よく考えた上で決断した方がいいでしょう。

強者を見習うといいかも?

学費が無くてもうまく切り抜けた強者もいるので見習うといいかもしれません。長い人生どんなチャンスが転がってくるかわかりませんから、お金が無くてもポジティブにチャレンジし続けないといけませんね?

アートセンター・オブ・カレッジの話

カーデザインで有名なアートセンター・オブ・カレッジでは学費が払えなくなってしまい退学する学生が多いと言われています。アートセンターを中退したデザイナーが言うには「大学のコネクション」と「厳しいトレーニングで身に付けた技術」があるので中退でも仕事に就けると言っていました。ただしリーマンショック以前の話なので、現在もアートセンター中退というキャリアで企業に通用するのかわかりません。

ホルヘ・グティエレスの話

アニメーターでもあり、『ザ・ブック・オブ・ライフ』の監督でもあるホルヘ・グティエレスさんはアニメーションで有名な大学CalArtsを卒業しています。しかしホルヘさんが大学に入学した時には1年間の学費しか準備できなかったそうです。そこで彼は「1年間で全部の単位を取得すればいいじゃないか!」と考え、実行したそうです(笑)。ハードなスケジュールをこなした結果、翌年から奨学金をもらうことで学校に残ることができたと話していました。超ポジティブで超クレージーな考え方ですが、考え方ひとつで人生を大きく変えることもできるようです。

自分がめざしている専攻から志望校を決める

冷泉彰彦さんの著書『アイビーリーグの入り方』を読むとチャプター1に志望校の選び方が丁寧に解説されています。このチャプターを読んだ学生さんは理解できると思いますが、受験競争が激しかった世代の保護者には全く理解に苦しむ内容だと思います(笑)。そこで「自分がめざしている専攻から志望校を決める」方法について補足を書いておこうと思います。あくまで1つの考え方なので、他にもっといい考え方や違う考え方もあると思います。さまざまな人がいるのがアメリカですから自分にあう考え方を選択してください。

アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準

自分がめざしている専攻から志望校を決める

大学の選び方は著書『アイビーリーグの入り方』のチャプター1-12に書かれているように「自分がめざしている専攻から志望校を決める」方法が一般的です。自分の希望する専攻が明確な学生さんは問題なく希望する大学を選択できると思いますが、「有名大学だから」と言う理由で大学を選択しようとしている人はもう一度冷静になって志望校を選択する必要があるでしょう。むしろそのような学生さんよりも「日本的な価値観を持っている保護者をどう説得するか?」で悩んでいる学生さんの方が多いかもしれませんね(笑)。

日本の受験システムとは違う

受験競争が激しかった時代には「簡単に有名大学入れる学科はどこだ?」と考える方法もありました。たしかにこの考え方で良ければ巻末に掲載されているような有名大学に入ることも可能です。例えば有名大学でも競争の激しくない学科ならば、コミュニティーカレッジから編入できるケースもあり、最低限のGPAを超えていれば成績は関係なく入学できるケースもあります。日本の社会システムならばこれで問題ないでしょう(笑)。しかしアメリカの大学は全く違うようです。

なぜ有名大学というだけではだめなのか?

アメリカの大学は有名大学だからと言って志望校にすることができません。なぜなら学科によってレベルが違います。例えば○○○学科は世界トップだけど、△△△学科はB級だったということもありますし、×××学科にいたってはボロボロだったということもありえるかもしれません。

アイビーリーグ以外にも有名大学がたくさんある理由

学科ごとにレベルが違うということは、専攻する分野によって有名とされる大学が違うということです。よってチャプター1-5に書かれているように一般の人が知らない名門大学も存在します。例えばカーデザインで有名なアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、アニメーションで有名なカルアーツなど幅広いジャンルで有名校とされる大学が違います。またトイ・デザイン学科のように日本に無いようなジャンルも存在します。

専門分野のことをよく知ることが大切

上記にあげた理由により、大学のランキングや学部のランキングを鵜呑みにして志望校を選択するのはあまりおススメできません。よって学科のレベルまで評判を確認する必要があります。また希望する専門分野のことをよく知ることが大切です。最低限、誰が何の講義をしているのか理解している必要はあるでしょう(ただし在学中に有名教授が他の大学に引き抜かれてしまう可能性もありますが・・・)。

日本とはまったく違うアメリカの大学入試システムに驚される書籍『アイビーリーグの入り方』

アメリカの大学入試システムと合格の基準を解説した書籍が冷泉彰彦さんの著書『アイビーリーグの入り方』です。この本を読むと「アメリカの大学は簡単に入れる」と世間で言われているほど甘くないことがわかります。

書籍『アイビーリーグの入り方』

アメリカの大学システムから受験の方法まで解説した書籍が『アイビーリーグの入り方』です。大学のシステム、志望校の選び方、出願のプロセスなど、日本とは全く違うシステムと価値観で大学入試が行われていることに驚かされます。


アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準

対象読者

日本の高校を卒業すると同時にアメリカの大学に進学する人が対象読者ですが・・・現状はそれほど多くいないと思われます。なので駐在員としてアメリカで生活をしている親子、アメリカの大学や入試システムを知りたい人が主な対象読者になると思われます。志望校の決め方や留学の注意点なども書いてあるので、語学学校やコミュニティーカレッジに留学する人が読んでも役に立ちます。

親も受験システムを理解する必要がある

アメリカの大学はシステムが全く違うので、受験生だけでなく親御さんも理解しておく必要があります。なぜなら大学の名前だけで志望校を決められるほど単純なシステムではありません。この本のタイトルは『アイビーリーグの入り方』となっていますが、アイビーリーグという名前だけで入学してはいけないことも解説しいます。

全く違うアメリカの受験システム

アメリカの入学システムはSAT、SAT2、ACT、AP、IBなどのテストを受けるだけでなく、大学入試のためにスポーツやボランティアなどさまざまな活動に励まなくてはなりません。なので日本の親から見るとアメリカの受験生は遊んでいるようにしか見えないです(笑)。

本の内容

はじめに 高まるアメリカ名門大学への関心
留学のメリット、大学入試について書かれています。

チャプター1 志望校をどうやって選ぶのか?
志望校の選び方、名門大学について書かれています。

チャプター2 大学出願の具体的なプロセスとは?
受験に必要なSAT、SAT2、ACT、AP、IBなどテストの解説から内申書、推薦状などの出願などについて書かれています。

チャプター3 入試事務室は何を考えているのか?
アドミッション・オフィス、期待される学生像などについて書かれています。

チャプター4 競争に勝つには何歳から準備すべきか?
受験に備えはじめる年齢、数学、飛び級、スポーツ活動などについて書かれています。

チャプター5 日本から出願する際の注意点は?
内申書、推薦状、エッセイの書き方などについて書かれています。

おわりに アイビーリーグに入学したら
GPA、英語漬け、異文化理解などについて書かれています。

厳選30大学データ
アイビーリーグ加盟校、MIT、ノースウェスタン、NYU、BC、BUスタンフォード、UCバークレー、UCLA、USCなど30大学について書かれています。

補足:この記事のトップに使用した写真はUSCの映画学科で撮影したもの。


アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準
出版社: CCCメディアハウス
著者: 冷泉彰彦