英語の勉強に挫折しそうなら、YouTubeを見るだけでもOK!

「英語学習の成果がでないから、英語を諦めるほうがいいのかな?」という相談をうけることがあります。諦める原因は、本当に成果がでないからでしょうか?

「成果がでない」というけど?

日本で普通に生活していると、英語を使うケースはほとんどありませんよね?「成果がでない」というよりも、日本では「成果を出せる状況がないので勉強するモチベーションが上がらない」というのが本当の理由ではないでしょうか?

真面目に勉強しすぎ

相談者の話をさらに聞くと、英会話の本を真面目に暗記しようとしているケースが多いです。ただでさえ毎日仕事や家事で忙しのに、これでは英語の学習が苦痛でしかないのでは?

YouTubeの動画を見る

挫折しそうな時はテキストを一度閉じて、YouTubeで英語の動画を毎日見るだけでもOKです。1分でも2分でもいいので英語と接する時間を作ることをお勧めします。

英語の理解よりも楽しさ

動画を選ぶポイントとしては、英語を理解しようとするのではなく、自分が楽しいと思う動画を選んだ方がいいです。そうすると毎日英語の動画を見る癖がつき、モチベーションも上がるのではないでしょうか?

おすすめのYouTubeチャンネル

私がよく見るYouTubeチャンネルをいくつかリストアップしてみました。

Sesame Street

子供向けだけど、俳優や歌手が出演するので豪華。
https://www.youtube.com/user/SesameStreet/videos

Pinkfong! Kids’ Songs & Stories

子供向けのチャンネルですが、『Baby Shark』の歌が世界的に大ヒット!
https://www.youtube.com/user/SmartBooksMedia/videos

TheEllenShow

エレンさんのTV番組がアップされています。英語の字幕がついているので理解しやすいです。
https://www.youtube.com/user/TheEllenShow/videos

Gabriel Iglesias

ガブリエル・イグレシアスさんのチャンネル。短めのコメディーがアップされています。
https://www.youtube.com/user/hotandfluffycomedy/videos

Star Wars

毎週Star Wars Showの動画がアップされます。海外で開催されているイベント『Star Wars Celebration』の動画もアップされます。
https://www.youtube.com/user/starwars/videos

Adam Savage’s Tested

映画、ゲーム、ものつくりが好きな人向けのチャンネル。
https://www.youtube.com/user/testedcom/videos

engVid: Learn English

英語学習チャンネル。英語の解説だけなので難易度は高いですが、やさしそうなトピックを探してみるといいでしょう。
https://www.youtube.com/user/engvidenglish/videos

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

英語だけの動画はキツイと感じた人はこちらのチャンネルもおすすめです。英語だけでなく、海外のカルチャーも解説してくれるので勉強になります。
https://www.youtube.com/user/cyoshida1231/videos

勉強法に関する書籍

英語の勉強をバリバリするなら、勉強法に関するさまざまな書籍が出版されています。


科学的に正しい英語勉強法
出版社: ディーエイチシー
著者: メンタリストDaiGo


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
出版社: 学研プラス
著者: メンタリストDaiGo


進化する勉強法: 漢字学習から算数、英語、プログラミングまで
出版社: 誠文堂新光社
著者: 竹内 龍人

CS DojoのYKさんが教える英語の学習方法

プログラミングの基礎からGoogleへの就職方法まで解説しているYouTubeチャンネル「CS Dojo」に、英語の勉強方法を解説する動画がアップされました。

YKさんの英語学習方法

「CS Dojo」を運営しているYKさんは、日本で英語の学習をしている時は2つの事にフォーカスして勉強したそうです。

How I Learned English (didn’t speak it until I was 18)

ボキャブラリー

ボキャブラリーを増やすことで自分の考えを表現することができ、他人との会話を理解することができやすくなるとのことです。

リスニング

例えばテレビドラマをリスニングの教材として使うことで、すべてのスキル(リーディング、ボキャブラリー、スピーキング)を同時に勉強することができるとのことです。
なぜならテレビドラマのスクリプトならばネットで公開されているからです(知らなかった・・・)。

リスニングの学習方法

YKさんが教えてくれた英語のリスニング方法は簡単です。

  1. 英語を聞
  2. 聞き取った英語をそのまま発音
  3. 聞き取れなかったパートはスクリプトを見て確認
  4. 再度発音して覚える

たったそれだけ!シンプルですが効果的だと思います。

好きなテレビドラマや映画を使用して学習するので、楽しみながら英語学習できるのもいいですね。

私も「フレンズ」のDVDを持っているので早速チャレンジしたいと思います。


フレンズ <シーズン1-10> ブルーレイ全巻セット(21枚組) [Blu-ray]

私がリスニングに使用しているテレビドラマとアニメ


スター・トレック:宇宙大作戦 Blu-rayコンプリートBOX(ロッデンベリー・アーカイブス付)


スポンジ・ボブ シーズン1 コンプリートBOX [DVD]


Wonder Years Complete Series [DVD] [Import]

著作権問題で発売されていなかった「Wonder Years」が、ついにDVD化されました!日本では『素晴らしき日々』というタイトルでNHK教育テレビで放送されていました。もちろん購入済み!

英語学習をスタートする前に考えておきたいこと

お気楽に英語学習することをモットーとしているサイトなので、万人向けではありませんが、英語の学習をはじめたい人へのアドバイスを書いてみました。

自分の学習方法は自分で決める

英語学習は、人それぞれスタート地点も違うしゴールも違います。よって世の中にあるさまざまな学習方法から、自分にあった学習方法(苦にならない学習方法)を探すことからはじめるといいでしょう。

例えば受験勉強が得意だった人は英単語の暗記やリーディングからはじめてもいいですし、反対に受験勉強が苦手たっだ人はリスニングや発音からスタートしても問題ありません。

また一般的にはリスニングと発音からスタートすると学習しやすいのですが、効果が表れるまでに時間がかかるので、せっかちな人には向かない可能性もあります。

挫折しないこと

新しい趣味をはじめる時に最も重要なことが「挫折しない」ことです。当たり前のことのように思えますが、趣味人にとってはこれが一番難しい課題です!「挫折」と言うと大事のように聞こえますが、実際は頻繁に「挫折」の危機が訪れます。

例えば「仕事が忙しくなった」「恋人ができた」「子供が学校に入学した」「引越した」など、生活の変化と共に学習時間が取れなくなってしまうケースが最も多いと思います。特に気を付けたいのは季節の変わり目です。気がつかないうちに生活リズムが変わり「英語のことを完全に忘れていた・・・」なんてケースが多いのではないでしょうか(笑)。

毎日学習すること

「毎日学習」すれば挫折することはありません(笑)。だたし「毎日学習」と言っても、短時間で十分です。

サラリーマンだったら15分の学習時間を確保するのも大変だと思います。忙しい人の場合は5分でもいいですし、1分でもいいです。とにかく英語に関わる時間をつくることから実践しましょう。毎日という学習方法は、絵や写真など他の趣味でも共通する大切なトレーニング方法です。

ジャンルを絞る

TOEICテストのようなビジネス英語を学習しようとすると、ビジネスのジャンルが幅広いので大変です。そこで自分の仕事に関わるジャンルや、自分の趣味のジャンルに絞って英語を学習する事をおすすめします。

自分に関係がある内容の方が英語以外にも役に立ちますし、同じ単語や表現を何度も使われるので、記憶に残りやすいと思います。また英語が全く理解できなくても、すでにビジネスや趣味の知識があれば何となく内容がわかるので、自分の知識を手掛かりに英語の内容を調べることが可能です。

楽しむこと

英語の勉強だからといって最初から本で勉強する必要はありません。自分が楽しめるコンテンツで勉強してください。映画が好きな人はDVDを見たり、音楽が好きな人は音楽を聞くことで学習できます。

また最近はYouTubeに英語学習の動画がアップされているので気軽に勉強できます。書籍の場合は文字数の制限があり、詳しく解説できないこともありますが、動画の場合は丁寧に解説が可能なので理解がしやすいかもしれません。

おすすめの教材

英語の絵本に朗読CDが付いたリードアロング・ストーリーブック・アンド・CDシリーズは、ディズニーのコンテンツで英語を学習できます。


Zootopia Read-Along Storybook & CD(英語)
出版社: Disney Press


Frozen Read-Along Storybook and CD
出版社: Disney Press


Toy Story Read-Along Storybook and CD(英語)
出版社: Disney Press


Cars Read-Along Storybook and CD(英語)
出版社: Disney Press;


Star Wars: A New Hope Read-Along Storybook and CD
出版社: Disney Lucasfilm Press

英語学習をはじめる前に読んでおきたい茂木 健一郎さんの書籍『最強英語脳を作る』

脳科学者:茂木 健一郎さんの書籍『最強英語脳を作る』は、英語学習の方法を脳科学的に解説しています。だからといって堅苦しい内容ではなく、茂木さんの体験談を含めた内容なので、わかりやすく読むことができます。

書籍『最強英語脳を作る』

これから英語学習をはじめる人や、英語学習のモチベーションをアップしたい人におすすめの書籍です。この本を読めば語学だけにフォーカスして勉強するのではなく、世界の文化や習慣などを意識して英語学習することの重要性に気がつくと思います。


最強英語脳を作る (ベスト新書)

最高のものに目標を定める

茂木 健一郎さんは英語を学習するうえで『絶対に無理ということを自分に課す』ことをすすめています。自分ができるかどうかわからないことに挑戦して成功すると(失敗してもOK)、ドーパミンが効率よく出るそうです。茂木さんは他の書籍でも『絶対に無理ということを自分に課す』ことをすすめているので、全ての学習に共通する方法のようです。

英語のマインドセット

英語を語学として学習するだけでなく、英語のマインドセット(Mindset)を身につける重要性について書いています。『マインドセット』とは習性となった考え方、思考のことです。英語が喋れても日本人のマインドセットままでは、相手のマインドセットとの違いによって理解できないことがたくさんでてきます。この事は多くの英語学習者が見落としがちな点なのでとても重要な指摘です。

人工知能に学ぶ外国語学習

人工知能は単純に何回も繰り返し失敗をしながら学習している事を指摘し、英語学習も『地道に努力する』しかないことを説いています。単純なアドバイスですが、普通の人にとって一番難しいことが『続けること』です。こればかりは英語学習だけでなく、すべての学習において避けようがありません(笑)。

語学学習は一生かけてやる

茂木さんのようなエリートであっても、ネイティブであっても英語でわからないことがたくさんあると書いてあります。なぜなら英語学習は『習得した』ということがないオープンエンドの学習だからです。だから語学学習は一生かけてやるしかないとアドバイスしています。

英語脳の作り方

最後の章では認知科学の視点から英語の学習方法を解説しています。アインシュタインさん、フローレンス・フォスター・ジェンキンスさん、アンリ・ルソーさん、村上春樹さんなどの例を出しながら解説しているので、専門書のように堅苦しく無く、楽しく読めます。

TOEICテストではなく、コメディー番組で英語学習

茂木さんはTOEICテストを到達目標にしてはいけないこと、アメリカのコメディー番組をYouTubeで見ることをすすめています。コメディー番組を理解するには英語力だけでなく、英語のマインドセットがないと笑えないので、英語のニュースと共に見る習慣をつけておくとためになります。コメディー番組によっては英語字幕がつく動画もアップされているので英語学習に最適です。


最強英語脳を作る (ベスト新書)
出版社: ベストセラーズ
著者: 茂木 健一郎

テスト勉強のやり方を解説した書籍『受験勉強は暗記が10割』を読む

林尚弘さんの書籍『受験勉強は暗記が10割』を読んでみました。基本的に受験勉強のやり方を解説した本ですが、TOEICテストや資格試験などの勉強をする場合に応用できると思います。

暗記法を解説した本

学校教育ではテストを重視していますが、テスト勉強において重要な暗記法は決して教えてくれません。独学で暗記の重要性に気がついた子供たちは成績が上がるでしょうけど、気がつかなかった子供たちは成果が上がらない可能性があります。

書籍『受験勉強は暗記が10割』は、真面目に勉強しても『知識を暗記』できていなければ受験勉強や各種資格などは攻略できないことを指摘し、受験に適した暗記法を紹介しています。


受験合格は暗記が10割

対象となる読者

書籍『受験勉強は暗記が10割』は「勉強をしているのに、または内容を理解できるのに、なぜテストの成績が悪いのか?」と悩んでいる受験生のために書かれた本です。なので自分なりの暗記法を知っている人や、受験勉強や資格試験などが得意な人は読んでも新しい情報は無いかもしれません。

すぐに実践できるように編集されている

薄い本なのでサクッと読み、すぐに暗記法を実践することができます。必要なことが簡素にまとまっており、重要なところは赤線が引いてあるので理解しやすいです。受験生にとって暗記法の理解に時間をかけても意味ないですからね(笑)。

暗記法は簡単!

この本では英単語の暗記からスタートします。ノートを縦半分に折り、左側に英単語、右側に日本語訳を1つ書きます。その英単語を10個づつ覚え、覚えたらテストするだけです。その後は間違った英単語を覚え直し、テストを繰り返すだけ・・・これならば誰にでも暗記できると思います。(暗記法の詳細は本で確認してください)

国語、数学などの教科

英語の文法書の使い方や、数学、国語などの教科についても学習方法が解説してあります。

本格的な暗記法

この本はあくまで受験勉強専用の暗記法なので暗記とテストによる反復練習を重視しています。本格的な暗記法に興味がある人はドミニク・オブライエンさんの書籍を参考にするといいでしょう。ただし受験勉強専用の暗記法ではありません。


試験にパスする画期的テクニック―記憶力の世界チャンピオンが明かす18の秘訣
出版社: 産調出版
著者: ドミニク オブライエン
翻訳: 小浜 杳


記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック
出版社: エクスナレッジ
著者: ドミニク オブライエン
翻訳: 梶浦真美


記憶力世界一チャンピオンのマル秘記憶術 (GAIA BOOKS)
出版社: ガイアブックス
著者: ドミニク オブライエン
翻訳: 甲斐智子

やはり英文法の学習は大切!「英文法を理解したら、使いこなす練習も必要」

昨日はバイリンガール英会話のちかさんがThe Japan Times ST高橋編集長に「英語の学習方法について」インタビューしている動画を紹介しました。非常にためになる動画だったので、自分の学習のためのメモと感想を書いておきます。

関連記事:The Japan Times STの高橋編集長が教える英語学習法! – バイリンガール英会話でのインタビュー その1『 まずは何からすればいいの?!』

英語学習の基礎は英文法とボキャブラリー

高橋編集長は英語学習の基礎として英文法とボキャブラリーの学習をすすめています。学習を進めていく上で、最低限中学レベルの英語力(英検3級)は必要とのこと。もし無い場合は会話形式のテキスト(CDなどの音声付き)を使用して学習することをアドバイスしています。

英文法を理解したら、使いこなす練習も必要

英文法の学習は『文法を理解』したら『使いこなす練習』も必要とのこと。学校教育は『文法を理解』したところで止めてしまうため、多くの人は『使いこなす練習』をしていないと高橋編集長は指摘しています。

英文法を使いこなす練習にEnglish Grammar in Use Bookを使う

高橋編集長は英文法を使いこなす練習に、英文法のテキスト『English Grammar in Use Book』に出てくる例文を音読練習することをおすすめしています。このテキストはさまざまな国の英語学習指導者たちが絶賛する定番の教材です。

通常版


English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English(英語)

eBook付属版


English Grammar in Use Book with Answers and Interactive eBook: Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

『頭の中にある知識』と『口から出す行為』をつなげる

音読を繰り返すことにより『頭の中にある知識』と『口から出す行為』をつなげる練習は非常に重要だと思います。言葉は感覚的にはスポーツのように反射的に反応する必要があり、瞬時に『口から出す行為』ができなければ会話のタイミングを逃し、発言することができません。

特に『頭の中で英作文』を作成していると時間がかかってしまい会話になりません。また『頭の中で日本語を英語に翻訳』すると『英語では使われていない表現』を独自に作り出してしまい、誰にも通じないことになりがちです(笑)。

実は・・・高橋編集長の動画を見るまで本棚の中に入れたままでした(笑)

実は高橋編集長がおすすめするこの動画を見るまで、知人からもらった『English Grammar in Use Book(第2版)』を本棚の中に入れたままでした(笑)現在は第4版が発売されていますから、ずいぶん長い期間寝かせてしまいました。

English Grammar in Use Bookを使って音読練習を開始

この本を最初に手に取った時は「英文がギッシリと書かれているので難しい」と勝手に思いこんでいたため、ちゃんと中身を確認していませんでした。ちゃんと読んでみると英文法の解説は非常に短く、例文は難しくありません。また例文も日常で使用できそうな表現が多いので、自分でも応用して使えそうです。

気長にチャレンジがコツかも?

これらの例文をスラスラと音読し、文法を感覚的に活用できるようになるには何回も練習する必要があります。なので気長に自分のペースで練習を続けようと思います。

もう少し簡単なEssential Grammar in Use

『English Grammar in Use』では難しいと感じる場合は、もう少し簡単な『Essential Grammar in Use』を使うといいでしょう。イラストも掲載しているので英語初心者でも使えるテキストです。

通常版


Essential Grammar in Use with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English(英語)

eBook付属


Essential Grammar in Use with Answers and Interactive eBook: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English

The Japan Times STの高橋編集長が教える英語学習法! – バイリンガール英会話でのインタビュー その1『 まずは何からすればいいの?!』

ちかさんが制作しているバイリンガール英会話のチャンネルに、The Japan Times STの高橋編集長が教える英語学習方法の動画がアップされています。

英語学習は何からすればいいのか?

今回の動画は「まずは何からすればいいの?!」という内容なので、これから英語学習をはじめる人や学習方法に悩んでいる人達に大変役立つインタビューになっています。

TOEIC満点の国産バイリンガルが語る英語学習法!「まずは何からすればいいの?!」〔#412〕

英文法学習の定番 English Grammar in Use Bookについて

高橋編集長がおすすめする英文法のテキスト『English Grammar in Use Book』は、世界中の英語指導者たちが評価する定番のテキストです。

通常版


English Grammar in Use Book with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English(英語)

eBook付属


English Grammar in Use Book with Answers and Interactive eBook: Self-Study Reference and Practice Book for Intermediate Learners of English

英語で書かれた書籍なので一見すると難しそうに思えますが、読んでみると簡素な英文で解説が書かれているだけなので、中学レベルの英語力で読めると思います。もし英語力に自信が無くても、手元に置いて少しずつ暗記したり、音読の練習に使うといいでしょう。ちなみに高橋編集長が持っているのは第3版で、現在は第4版が出版されています。

もう少し簡単なEssential Grammar in Use

上記のテキストでは難しく感じる場合には、もう少し簡単なEssential Grammar in Useも出版されています。イラストも多用されているので中学生から使えると思います。

通常版


Essential Grammar in Use with Answers: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English(英語)

eBook付属


Essential Grammar in Use with Answers and Interactive eBook: A Self-Study Reference and Practice Book for Elementary Learners of English

The Japan Times STの高橋編集長の「ボキャビル・カレッジ」

週刊英字新聞『The Japan Times ST』の編集長・高橋敏之さんのYouTubeチャンネル「ボキャビル・カレッジ」ではボキャブラリーを解説した動画を制作しています。ボキャブラリーの使い方を丁寧に解説されているので、理解しやすく、自分なりに応用して使えると思います。こちらもおすすめです。

ビジネスマンは英語を勉強する必要があるのか?書籍『日本人の9割に英語はいらない』

元マイクロソフト株式会社の社長をしていた成毛眞さんの書籍『日本人の9割に英語はいらない』を読みました。かなり挑発的な文章ですが、おかしなことになってしまった日本人の英語学習について指摘しています。

なんのために英語を勉強するのか?

TOEIC取得を目標にしているビジネスマンが「なんのために英語を勉強するのか?」と考えるための書籍が『日本人の9割に英語はいらない』です。本当に業務で英語を使う必要のあるビジネスマンは1割であり、しかも英語を使うビジネスマンであってもビジネス英語は業務範囲が限定されているので必要以上に勉強する必要は無いと解説しています。また英語に費やする時間を教養や仕事を覚える時間に費やした方がいいと日本のビジネスマンにすすめています。

日本人の9割に英語はいらない (祥伝社黄金文庫)

目次

  • 本当に英語は必要なのか
  • 英語を社内公用語にしてはいけない
  • 本当の「学問」をしよう
  • 日本の英語教育は日本人をダメにする
  • 英会話を習うより、本を読め
  • それでも英語を勉強したい人へ 成毛流英語学習法

挑発的な記述は気にしなくていい

最初の書きだしから「頭の悪い人ほど英語を勉強する」といったタイトルなので「カチン」と来る人もいると思いますが、挑発的な表現は気にする必要がありません。この書籍の中では東大生や総理大臣、日本の有名企業ですら散々なことを書かれていますから・・・(笑)。日本社会が持っている英語への幻想を壊し、現実的な英語教育と英語に対する意識改革を実行しようとすると、あまりにも問題の根が深いためについつい挑発的になってしまうのかもしれません。なぜなら茂木健一郎さんや他の英語教育者も現状の英語教育の話をするときは多少挑発的な気がしますから・・・(笑)。

感想:この本を手に取った人は「英語を勉強する1割」

この書籍を手に取った人は「日本人の英語教育や英語に対する意識は何かおかしい?」と感じているからこそ、この書籍を手に取ったのだと思います。そのような人こそ「英語を勉強する1割」であり、英語を活用するための目的を持た人なのではないかと思いました。

世の中には「英語を最短距離でマスターする」というキャッチコピーがあふれていますが、英語はマスターした後もメンテナンスする時間は必要ですし、そもそも「英語をマスターした」と言えるレベルがどの程度なのかわからないものが多いです(笑)。そのような書籍とは全く違う考えが成毛眞さんの書籍『日本人の9割に英語はいらない』だと思います。一般会話とは違い、ビジネス英語とは限定された範囲内での会話なので「自分に必要な最低限のレベルをマスターする」だけでいいのです。本来は英語をマスターする必要も無いし、TOEICを受験する必要も無いと考えると、忙しいビジネスマンの人は気が楽になるのではないでしょうか?

実践的な英語の勉強方法を解説した書籍『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』

実践的な英語の勉強方法を解説した書籍『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』を読みました。これから「英語に再チャレンジ」する人や「子供にちゃんとした英語教育を受けさせたい」と考えている親が読むといいかもしれません。

イェール大学の語学習得方法

この書籍はイェール大学の語学習得方法を学んだ著者の斉藤淳さんが、日本人向けにアレンジした実践的な英語勉強法について解説したものです。日本でイェール大学のような教育環境を整えることはほぼ不可能なので、書店で売っている優れた教材やWebなどの動画を使って学習する方法とポイントが書いてあります。

自分でモチベーションを作り、学習計画を作らなくてはなりませんが、この試みのすごいところは紹介されている英語教材をすべて購入したとしても低価格だということです(笑)。なぜならアメリカの私立大学の学費は無名であっても2千万円を軽く超えてしまうので、それに比べれば安いものです・・・。そのように考えると英語の勉強を気軽にチャレンジできるかも?(笑)


世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法

「英語ができない」と思い込む必要はないかも?

英語をしゃべれるようになりたいと思いながらも挫折してしまった人におすすめです。「英語ができない」と思い込んでしまった人は単純に勉強方法が間違っていただけかもしれません(笑)。なぜなら『ほとんどの日本人は、すでに学校教育でおこなわれている「誤った方法」で英語を学んでしまっている』とまで著者が書いているように、まだまだ実践的な英語の学習方法が日本においては浸透していない状態だと思います。

勉強のポイントが簡素に解説されています

各チャプターごとに勉強のポイントが簡素に解説されているので読みやすいです。どのトピックも大切なことが書いてあるのすが、一度にすべてのことをやろうとしても難しいので最初のうちはチャプター2の発音からトライしていくといいでしょう。英語のDVDを見たり、フォニックスや発声練習をしていると勉強している感じがしないと思いますが(笑)、長期的に継続していると効果が出てくると思います。他のチャプターにも大切なことがたくさん書かれているので定期的に見直し、少しずつ先に進むといいかもしれません。

おすすめの英語教材

著者の斉藤淳さんがおすすめする英語教材についても紹介されています。下記に紹介されている教材の一部だけをリストしました。どの教材も評判の良いものなので英語学習に役立つと思います。

英語口の体操―発音記号のエクササイズ (CDブック)
CD付 世界一わかりやすい 英語の発音の授業
DVD&CD付 日本人のための英語発音完全教本
一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)
総合英語Forest 7th Edition

DVD版も発売

『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』のDVD版も発売されているようです。発音の解説などは書籍よりもDVDの方がわかりやすいかもしれません。


世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法 [DVD]

子供の英語教育についての書籍

著者の斉藤淳さんは、子供の英語教育についての書籍も出版しています。


10歳から身につく 問い、考え、表現する力―僕がイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書 439)

リスニングと発音のトレーニングを重視したテキスト『英語耳』 – 長期的な学習計画が学べるので初心者にもおすすめ

発音のトレーニングを重視する学習方法を提唱している松澤喜好さんの著書『英語耳』を読みました。理にかなった学習方法であり、長期的な学習方法も学べるので、これから英語学習をはじめる人におすすめできる書籍です。

『英語耳』で発音トレーニング

英語の発音をマスターすることでリスニングもマスターする学習方法が松澤喜好さんの著書『英語耳』です。この書籍には付属でCDがついてくるので、発音とリスニングを鍛えることができます。


英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

対象読者

これから英語を勉強する中学生や高校生はもちろん、学校の英語学習が苦手で英語をあきらめてしまった人など、これから英語の学習をスタートしたい人には最適なテキストだと思います。

理にかなった英語学習方法

英語耳は私のサイトで取り上げたPolyglot(多言語を使える人)の薦める学習方法とも近いので理にかなった学習方法だと思います。

毎日20分から30分のトレーニングでOK

ビジネスマンや受験生など、忙しい人たちは自由に使える時間が限られています。なのでそのような人たちでも使えるように『英語耳』は20分から30分程のトレーニングで学習できるように作られています。

リスニングと発音を鍛えるトレーニングなので机にしがみついて勉強する必要がありません。お勉強する感じでは無く、ランニングや筋トレする感覚に近いので挫折する確率は低いと思います。ただし効果がでるまで指定された回数まで毎日続けることが重要です!

長期的な学習計画も学べる

『英語耳』は発音とリスニングの学習の他にも、英語学習をスタートする初心者が長期的に学習できるようにさまざまな学習方法が掲載されています。

英語の歌を使った学習方法

『英語耳』に付属しているCDのトレーニングに慣れてきたら、英語の歌を使った学習方法にチャレンジしてみるといいでしょう。自分の好きな歌を選んで練習するので、挫折することなく達成できると思います。ただし学習の進め方にしたがってトレーニングすることが重要です。

映画やドラマなどの会話を使った学習方法

英語の学習に慣れてきたら、短い会話(1分から2分)を使ったトレーニングと長い会話(10分)を使たトレーニングにチャレンジします。映画や海外ドラマのワンシーンなど、自分の好きな会話を選んで学習を進めます。現在ではYouTubeにさまざまな映像コンテンツがアップされているので自分の興味があるトピックを探しやすくなっています。

洋書を使った学習方法

洋書を多読することで語彙力と読解力を鍛え、それらがリスニングにも効果があることを解説しています。ここでも重要なことは自分にあったレベルで、なおかつ自分の興味がある洋書を選択することです。また洋書を読むための3原則についても触れています。

  1. 辞書は引かない
  2. わからないところは飛ばす
  3. つまらなくなったらやめる

学校教育ならば許されないような3原則ですね(笑)。しかし洋書を読むときだけでなく語学学習を続けるためにはこの考え方は必要なことだと思います。

フォニックスのまとめ

巻末には発音から文字への学習に切り替えられるように、フォニックスのまとめが掲載されています。

英語耳[改訂・新CD版]

出版社: アスキー・メディアワークス
著者: 松澤喜好

関連記事