収入を上げたいなら英語?その理由にショック!

勝間和代さんが「今からでも英語を勉強したほうがいいか?」という質問に対して答える動画がYouTubeチャンネルにアップされています。モチベーションアップになると思うのでぜひチェック。

Q&A 勝間和代さん、今からでも英語を勉強したほうがいいか、教えて下さい

英語を勉強する理由は、仕事を変えたいかどうか?

勝間さんは「仕事を変えたい=収入を上げたい」と考えているなら英語の勉強をし、外資系企業に転職した方がいいと答えています。

なぜ外資系企業だと給料があがるのか?

外資系に転職すると給料が上がる理由は2つ。

  • 英語の喋れる日本人は稀少価値のある人材だから。
  • もうかっている外資企業が日本に入ってくるケースが多いから。

例外もあると思いますが、どちらの理由も納得ですね。

日本企業はもうかってないというショック

勝間さんは日本企業は過当競争となっているので儲かってない企業が多いとも述べています。

確かによく考えてみれば、大企業でさえ契約社員、派遣社員、業務委託などのシステムを使ってコストカットしているような状態。利益が出なければさらにカットですから・・・勝間さんの言うように英語勉強して外資系企業に転職というプランは良い選択かもしれませんね。

ひょっとすると、このサイトで提唱している「お気楽な英語学習」をしている場合ではないのかもしれません(笑)。モチベーションアップして英語学習に全力を尽くす方がいいのかも?


最後の英語やり直し!
著者: 勝間和代
出版社: 毎日新聞出版

英語の勉強に挫折しそうなら、YouTubeを見るだけでもOK!

「英語学習の成果がでないから、英語を諦めるほうがいいのかな?」という相談をうけることがあります。諦める原因は、本当に成果がでないからでしょうか?

「成果がでない」というけど?

日本で普通に生活していると、英語を使うケースはほとんどありませんよね?「成果がでない」というよりも、日本では「成果を出せる状況がないので勉強するモチベーションが上がらない」というのが本当の理由ではないでしょうか?

真面目に勉強しすぎ

相談者の話をさらに聞くと、英会話の本を真面目に暗記しようとしているケースが多いです。ただでさえ毎日仕事や家事で忙しのに、これでは英語の学習が苦痛でしかないのでは?

YouTubeの動画を見る

挫折しそうな時はテキストを一度閉じて、YouTubeで英語の動画を毎日見るだけでもOKです。1分でも2分でもいいので英語と接する時間を作ることをお勧めします。

英語の理解よりも楽しさ

動画を選ぶポイントとしては、英語を理解しようとするのではなく、自分が楽しいと思う動画を選んだ方がいいです。そうすると毎日英語の動画を見る癖がつき、モチベーションも上がるのではないでしょうか?

おすすめのYouTubeチャンネル

私がよく見るYouTubeチャンネルをいくつかリストアップしてみました。

Sesame Street

子供向けだけど、俳優や歌手が出演するので豪華。
https://www.youtube.com/user/SesameStreet/videos

Pinkfong! Kids’ Songs & Stories

子供向けのチャンネルですが、『Baby Shark』の歌が世界的に大ヒット!
https://www.youtube.com/user/SmartBooksMedia/videos

TheEllenShow

エレンさんのTV番組がアップされています。英語の字幕がついているので理解しやすいです。
https://www.youtube.com/user/TheEllenShow/videos

Gabriel Iglesias

ガブリエル・イグレシアスさんのチャンネル。短めのコメディーがアップされています。
https://www.youtube.com/user/hotandfluffycomedy/videos

Star Wars

毎週Star Wars Showの動画がアップされます。海外で開催されているイベント『Star Wars Celebration』の動画もアップされます。
https://www.youtube.com/user/starwars/videos

Adam Savage’s Tested

映画、ゲーム、ものつくりが好きな人向けのチャンネル。
https://www.youtube.com/user/testedcom/videos

engVid: Learn English

英語学習チャンネル。英語の解説だけなので難易度は高いですが、やさしそうなトピックを探してみるといいでしょう。
https://www.youtube.com/user/engvidenglish/videos

バイリンガール英会話 | Bilingirl Chika

英語だけの動画はキツイと感じた人はこちらのチャンネルもおすすめです。英語だけでなく、海外のカルチャーも解説してくれるので勉強になります。
https://www.youtube.com/user/cyoshida1231/videos

勉強法に関する書籍

英語の勉強をバリバリするなら、勉強法に関するさまざまな書籍が出版されています。


科学的に正しい英語勉強法
出版社: ディーエイチシー
著者: メンタリストDaiGo


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
出版社: 学研プラス
著者: メンタリストDaiGo


進化する勉強法: 漢字学習から算数、英語、プログラミングまで
出版社: 誠文堂新光社
著者: 竹内 龍人

すべての子供に覚えさせたい「まだの力」: セサミストリート

歌手、女優としても活躍するジャネール・モネイさんが歌う”Power of Yet”がセサミストリートのYouTubeチャンネルにアップされています。

“Power of Yet”を日本語に訳なら「まだの力」となりますが、「やればできる!」の方が理解しやすいかも?

Power of Yet 「まだの力」

セサミストリートの仲間たちがクッキング、音楽、計算など、さまざまな事にチャレンジしますが、全くできません。エルモが「絶対にできないよ」とあきらめかけたところにジャネール・モネイさんが登場します。

Sesame Street: Janelle Monae – Power of Yet

「まだの力」とは

失敗した時に「自分にはできない」とあきらめるのではなく、「まだできないだけ」と考え、チャレンジし続けることで「できる」ようになるとジャネール・モネイさんが歌っています。子供たちには「まだの力」を理解することで、チャレンジし続けることの大切さを身につけてもらいたいですね。

「まだの力」が子供たちの学習にどれほど大きな影響をもたらすのか知りたい方には、下記のキャロル・S・ドウェック さんの講演をお勧めします。日本語の字幕もついています。

「まだ」という力 | キャロル・S・ドウェック | TEDxNorrkoping

「まだの力」に関する書籍


マインドセット「やればできる! 」の研究
出版社: 思社
著者: キャロル・S・ドゥエック


マインドセット学級経営
出版社: 東洋館出版社
著者: ヘザー ハンドレー, アニー ブロック


最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法
出版社: 学研プラス
著者: メンタリストDaiGo

「まだの力」英語の絵本


I Can’t Do That, Yet: Growth Mindset
著者: Esther Pia Cordova


A World without Failures: Growth Mindset
著者: Esther Pia Cordova

英語学習の「やる気」がでない時に読む本

英語をマスターして仕事やプライベートを充実させたい・・・それなのに何故か「やる気」がでない。そのような時に堀江貴文さんの著書『英語の多動力』を読むとモチベーションが上がります。

英語の多動力
著者: 堀江貴文
出版社: ディーエイチシー

英語を勉強しなくていい理由を作らない

この本では堀江さんが「英語を勉強しなくてもいい」という言い訳を徹底的に否定してくれます。特に「AI翻訳機があるから英語学習をしなくていいのでは?」という最新の言い訳も論理的に否定してくれるので、英語を勉強する意味があることに気が付かせてくれます。

またこの本では英語を使うことによって「どのような自分になりたいのか?」という大切なことを考えさせてくれるので初心にかえることができます。誰でも英語を学習する「自分ならではの理由」がありますよね?その気持ち大切です。

お勉強ではなく学ぶこと

中学と高校の「お勉強」のような英語学習方法は、やる必要が無いと書いています。楽しんで、没頭し、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら成長していくのが「学び」であり、義務教育のような「お勉強」ではマスターできないとのこと。

たしかに自分自身が没頭できる英語学習方法を実行できれば、楽しんで英語学習できますよね。

悔しい体験を重ねる

外国人に話しかけられたけど英語が通じない・・・そんな悔しい経験ありますよね?そんな時は心が折れて英語学習をやめたくなりますが、堀江さんは「それでいいのだ、その悔しさが学習のモチベーションにつながる」と書いています。

あえて何度も悔しい思いをすることで、英語がどんどん頭に入ってくる。そしていつしか英語を使うことが楽しいに変わっていくとのこと。

インタビュー

この本では堀江貴文さんの話だけでなく、元グーグルの村上憲郎さん、教育者の坪谷ニュウエル郁子さん、QQ Englishの藤岡頼光さんなど、英語との出会いで人生を変えた人たちのインタビューが掲載されています。

どのインタビューも刺激的な話ばかりなので、この本を読んだ後はモチベーションアップ間違いなしです。

英語の多動力
著者: 堀江貴文
出版社: ディーエイチシー

メリー・ポピンズ リターンズのシングアロング動画で英語学習

メリー・ポピンズ リターンズのシングアロング動画が2本アップされています。英語の学習に活用してはいかがでしょうか。

シングアロングとは

ディズニーの楽曲にあわせて歌詞が表示される動画がシングアロングです・・・(笑)「普通の歌詞動画とどこが違うのか?」と疑問に思った人も多いでしょう。

今はYouTubeのおかげで歌詞動画なんて珍しくないですが、昔は『シングアロングのビデオテープ』を購入するしか方法がありませんでした。アメリカで発売されていたビデオなので、当時は入手困難で貴重な映像でした。

“A Cover Is Not the Book” 本は表紙じゃわからない

メリー・ポピンズ役のエミリー・ブラントさんとジャック役のリン=マニュエル・ミランダさんが“A Cover Is Not the Book”を歌うシングアロング動画。歌の途中からリン=マニュエル・ミランダさんが得意とするラップに代わるのが面白い曲です。

A Cover Is Not the Book (Sing-Along Edition From “Mary Poppins Returns”)

“The Place Where Lost Things Go” 幸せのありか

メリー・ポピンズがバンクス家の子供たちのために歌う“The Place Where Lost Things Go”のシングアロング動画。

The Place Where Lost Things Go (Sing-Along Edition From “Mary Poppins Returns”)

メリー・ポピンズ リターンズ CD


メリー・ポピンズ リターンズ(オリジナル・サウンドトラック)(英語盤)

メリー・ポピンズ リターンズ 楽譜


Mary Poppins Returns: Music from the Motion Picture Soundtrack, Easy Piano

メリー・ポピンズ リターンズ DVD


メリー・ポピンズ リターンズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]