レオナルド・ディカプリオが地球温暖化の現状を調査したドキュメンタリー映画『Before the Flood』が無料で公開

ナショナルジオグラフィックのYouTubeチャンネルにレオナルド・ディカプリオが出演しているドキュメンタリー映画『Before the Flood』が無料で公開されています。

ドキュメンタリー映画『ビフォア・ザ・フラッド』

レオナルド・ディカプリオが気候変動の影響を受けている地域を訪れ、地球温暖化の現状を映像で紹介します。また科学者たちのインタビューも撮影されており、科学的な調査報告も理解できるような構成になっています。後半は起業家イーロン・マスク、国務長官ジョン・ケリー、大統領バラク・オバマ、宇宙飛行士ピアーズ・セラーズ、ローマ教皇フランシスコなどの有力者とのインタビューになっています。

Before the Flood – Full Movie | National Geographic

残念ながら大統領選挙の終了と共に動画は削除されてしまいました。

レオナルド・ディカプリオが訪れる場所

カナダ、グリーンランド、アメリカ(マイアミ)、中国、インド、キリバス、インドネシアなど環境破壊が進んでいる場所をレオナルド・ディカプリオが訪れます。地球温暖化に関心がなくても話題として知っているような内容ですが、きれいな自然の映像と破壊された後のヒドイ状況が分かるように映像が作られているので身近な問題として認知できるようになります。

簡単にわかるこの映画のポイント

「1時間35分も地球温暖化の映画を見るのはさすがにキツイ・・・」という人も多いと思います。またこの映画はアメリカ人に向けて作られているので、日本人だと知っている内容が多いので飽きてしまう人もいると思います。そこでこの動画の見るべき場所(タイムコード)を書いておきます。

ポイント1:レオナルド・ディカプリオの演説

動画のタイムコード1:25:37からからスタートするとレオナルド・ディカプリオが国連で演説した映像とこの映画の訴えていることのまとめが見られます。

ポイント2:この映画の訴えていることのまとめ

動画のタイムコード1:29:30からスタートするとこの映画の訴えていることのまとめが見られます。

補足:日清食品について

インドネシアにおけるアブラヤシのプランテーション農業について語る場所で、アメリカの食品メーカーと共に日清食品が紹介されています。なぜならカップヌードルはアメリカでも普及しているので、日本のようにスーパーで買うことができるからです。ちなみにこの映画では企業をバッシングするのではなく、消費者に何を購入するのかよく考えることを訴えています。

関連記事