カテゴリー
社会・時事

SDGsを理解するならドキュメンタリー『NATIONS UNITED』を見よう!

みなさんはSDGsを知っているでしょうか?お恥ずかしい話ですが私はちゃんと理解していませんでした。意識の高い企業が使う『流行りのスローガン』くらいにしか捉えていませんでした。

そこで国連が制作したドキュメンタリー『NATIONS UNITED』を見ることで、SDGsがどのような活動なのかやっと理解できました。

カテゴリー
社会・時事

アメリカのコメディー番組のことがよくわかる町山智浩さんの解説

映画評論家・町山智浩さんがアメリカのコメディー番組についてラジオ番組で解説をしました。日本のコメディー番組との違いがよくわかります。

アメリカ流れ者のコーナー

2017年8月22日に放送されたTBSラジオ『たまむすび アメリカ流れ者のコーナー』の音声がWebサイトにアップされています。町山智浩さんによるアメリカのコメディー番組の歴史と現状がわかる解説になっています。音声が公開されているのは8月29日までなので、お早めにチェックすることをおすすめします。

TBSラジオ『たまむすび』のサイトへリンク

コメディー番組の収録方法

アメリカのコメディー番組では、その日にあった事件やドナルド・トランプ米大統領のコメントが、夜にはコメディーとして放送されています。私もどのように制作されているのか不思議に思っていましたが、町山智浩さんでやっと謎が解けました。

町山智浩さんが過去に観覧したジェイ・レノさんの司会する番組『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』では、朝から大勢のチームでネタを制作し、夕方5時に収録をスタート、そして夜の11時には放送していたそうです。

また放送される時間の2倍くらいのネタを披露し、あまりウケなかったところはカットするとのことです。だからモノローグがテンポよく笑えるのですね。

長い歴史

人気のあるコメディアンが政治ネタをやる歴史は長く、王様のお抱え道化師の時代から続いてきた伝統があります。しかしチャップリンの『独裁者』から政治ネタができなくなってしまった時代もあり、常に許されてきたわけではないとのことでした。

一部カットされてるような・・・(笑)

どうでもいいことですが町山智浩さんの紹介したクリス・ロックさんのネタで重要なオチがカットされている気がします(笑)。オチの部分で使われている単語はアメリカのテレビ番組では使っているのですが・・・どうやら日本では使えないようです。オチのヒントとしてはドナルド・トランプ米大統領レベルになると好きなだけ”Grab”しているものです(笑)。オチは「そこから出てきただけ・・・」とのこと(笑)。

茂木健一郎さんのツイートについて

茂木健一郎さんが政治ネタを披露しない日本のお笑い芸人に対して「日本のお笑いはだから駄目だ」と言ってしまい、炎上した件についても解説しています。本当なら茂木健一郎さんの指摘はいい議論になるはずだったのですが、言葉をまちがえたために日本のお笑い芸人たちから非難されてしまったそうです。また現状の日本ではビジネスにならないうえに、リスクが大きいのでテレビでは放送できないそうです。

ちなみに茂木健一郎さんはアメリカのコメディー番組で英語の学習をすることをおすすめしています。


最強英語脳を作る (ベスト新書)
出版社: ベストセラーズ
著者: 茂木 健一郎

紹介されたコメディー番組

ジミー・キンメル・ライブ!

「ドナルド・トランプを何も権限がない王様にすればいい」と紹介された番組です。政治ネタも多いですが、下ネタも多いです(笑)。

ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア

ボケがドナルド・トランプで、ツッコミがスティーヴン・コルベアのような関係と紹介された番組。スティーヴン・コルベアさんは『ザ・デイリー・ショー』に出演していたので、ジョン・スチュワートさんや『ザ・デイリー・ショー』の関係者が番組にゲスト出演することがあります。

ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン

政治的なコメディーを控えていたために視聴者が離れてしまったと紹介された番組。ドナルド・トランプ本人とじゃれあうようなコメディーを放送したあたりで、見切りをつけた人も多かったのではないでしょうか?ちなみに最近は政治的なネタも扱うようになってきましたし、ドナルド・トランプ政権や差別主義者に対する批判もしています。

スティーヴン・コルベアさんの本


I Am America (And So Can You!)(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Stephen Colbert


America Again: Re-becoming the Greatness We Never Weren’t(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Stephen Colbert


I Am A Pole (And So Can You!)(英語)
出版社: Grand Central Publishing
著者: Stephen Colbert

ジミー・ファロンさんの書籍


Thank You Notes
出版社: Grand Central Publishing
著者: Jimmy Fallon、the Writers of Late Night


Thank You Notes 2
出版社: Grand Central Publishing
著者: Jimmy Fallon、the Writers of Late Night


Your Baby’s First Word Will Be Dada
出版社: Feiwel & Friends
著者: Jimmy Fallon


Everything Is Mama
出版社: Feiwel & Friends
著者: Jimmy Fallon

ジミー・ファロンさんのCD


Blow Your Pants Off


HAMILTON MIXTAPE, THEL
12曲目に収録された”You’ll Be Back”をジミー・ファロンさんとザ・ルーツが歌っています。他の曲はアッシャー、アリシア・キーズ、ケリー・クラークソン、シーア、ジョン・レジェンドなどの人気歌手がミュージカル『ハミルトン』の曲を歌っています。

カテゴリー
社会・時事

アメリカのコメディー番組で放送された『日食(Solar Eclipse)の注意喚起』

ジミー・キンメルさんの司会する番組『ジミー・キンメル・ライブ!』と、スティーヴン・コルベアさんの司会する番組『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』では、『日食を見る時の注意点』をコメディーにすることで広めています。

カテゴリー
社会・時事

アメリカのコメディアンは真面目に政治的な意見を言うこともある

アメリカのコメディアンたちは、常に政治的なネタをコメディー(ブラックジョーク)にしていますが、たまには真面目に政治的な意見を言うこともあります。

カテゴリー
社会・時事

トランプ政権をサポートする企業の紹介(コメディー)

人種差別を擁護するような発言が相次ぐドナルド・トランプ米大統領から、さまざまな企業が離れています。しかしコメディアンのコナン・オブライエンさんが指摘しするには、それでもドナルド・トランプ米大統領を支持する企業があるそうです。いったいどんな企業なのでしょうか?(動画の内容はコメディーです)

事の発端は

南部バージニア州で白人至上主義団体と反対派が衝突した事件にたいして、ドナルド・トランプ米大統領が「白人至上主義団体と反対派の双方に責任があると」発言したことにより、製造業評議会メンバーの辞任が相次ぎました。それならば製造業評議会を解散するとドナルド・トランプ米大統領は開き直った決定をしました。

KKKmart & More Companies Sticking By Trump – CONAN on TBS

ドナルド・トランプ米大統領を支持する企業

不祥事だらけのドナルド・トランプ米大統領をまだ支持する企業が存在するとコナン・オブライエンさんが指摘します。もちろんこの番組はコメディーなので、架空の商品と企業名です。

修正液メーカー

KKKのマスクをキャップにした修正液を製造しているメーカー(笑)。ボトルに書かれた”White In” の文字はソシエテ・ビックから発売されている修正液『Wite-Out』と『Cover-It』を連想させています。

デオドラントメーカー

ナチス式の敬礼をしながらわきの下に塗る制汗剤のメーカー(笑)。デオドラント・スティックとスティンクが韻を踏んでいます。

飲料水メーカー

メイン州ポーランドの飲料水ブランド『Poland Spring』の頭に『Marching Through』をつけることによって、ナチスに占領されたポーランドのイメージを作り出しています。

ちなみにポーランドは、メイン州の最大都市ポートランドから北に位置する村です。

サックスのリードメーカー

My Masterpiece Reedsというサックスのリードをもじって、Master Race Reedsとし、ナチスがサックスを吹いているパッケージにしています。

トレーニングマシーン・メーカー

ガチョウ足行進(Goose-Step)を鍛えられるトレーニングマシーン。普通のクライミングマシーンの写真ですが、ありえない使い方をしています・・・しかもこのモデルさんはビール飲みながら運動しているようです(笑)。ネーミングはProFomeをもじってProCorにしています。

シリアル食品・メーカー

なぜかシリアル食品のKashiがパロディーもなしに紹介されています。「なぜKashiがドナルド・トランプ米大統領についているのかわからない・・・ジョークではないよ」と言っています。いろいろ憶測することは可能かもしれませんが、Kashiの事情についてわからないので、この問題は宿題にさせてください。

ディスカウントストア

KmartにKを2つ足して、KKKmartとしています。画像をよく見るとポスターもKKK仕様になっています(笑)。

ドナルド・トランプ米大統領に関連する書籍


ドナルド・トランプ演説集 (The Speeches of Donald Trump)
出版社: 晋遊舎


[生声CD&電子書籍版付き] トランプ演説集
出版社: 朝日出版社


【トランプ勝利演説 生音声つき アメリカ大統領選特集】 The Japan Times News Digest vol.63(CD1枚つき)
出版社: ジャパンタイムズ

カテゴリー
旅行 社会・時事

ギャンブラーでなくても楽しめるシンガポールのIR(統合型リゾート)を目指すべき理由とは?

IR(統合型リゾート)の導入に賛成するとギャンブラーのように思われてしまうかもしれませんが、私はギャンブラーではありません。カジノとは違いIR(統合型リゾート)はギャンブラーでなくても楽しめる観光地であり、ビジネスの場所です。

書籍『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』

昨日のブログに高城 剛さんの書籍『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』を読んだことを書きました。この本を読むとカジノとIRの違いがよく分かります。

しかしギャンブラーでない人にとって「カジノやIRは関係ない」と思っている人が多いと思うので、もう少しカジノとIRの違いについて私なりに説明しておこうと思います。


カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

日本人がカジノに興味を持てなくて当然

高城 剛さんの主張するようにシンガポール方式のIRを推進する場合、日本人が興味を持てなくて当然です。IRのカジノでプレイするのは外国人のみ、もしくは日本人は高い入場料を払って遊ぶことになります。なので一般的な日本人には関係がありません。

日本人が遊ぶ場所はカジノ以外

日本人はIRエリアに作られたアミューズメント施設、飲食店、ホテルを利用し、特別なイベントやコンベンションを楽しむことになります。これらの施設が面白いからこそギャンブラーでない家族がラスベガスやシンガポールのIRに遊びに行くのです。

日本人はカジノへ行く必要が無い

ルーレットやトランプなどのテーブルゲームをプレイする人はカジノができると頻繁に行きたくなると思います。しかしカジノのフロアーを多く占有するスロットマシンを目的にカジノへは行く人はいないでしょう。カジノのスロットは掛け金を選択するけで、スタートボタンを押すと自動で停止します。ゲームとしては単純です。

人気のスロットマシンは日本メーカー

また2010年ごろから日本のメーカーが作ったスロットマシンがカジノに参入してきました。画面に表示されるゴージャスなエフェクトや派手なサウンド、そして筐体に仕込まれたLEDのデザインが斬新だったので、アメリカで一躍人気のマシンとなりました。

これらの理由から日本人がわざわざカジノのスロットをやりたがるとは思えません。これまで同様に近所で楽しめるパチスロの方が人気だと思います。

IRは全てに高いレベルが要求される

IRを導入すればすべてが上手くいくわけではありません。世界のどこにもないような都市計画、施設、アイディア、デザインが最低限必須なので、IRを成功させるには高いレベルが要求されます。ようするにカジノができても他の施設が面白くなければ、海外のIRとの競争に負けてしまいます。

カジノのみ解禁されたらどうなるのか?

IRの導入は敷居が高いと考え、カジノを自国民に解禁した場合はシンガポールやラスベガスのような観光名所やビジネスの場になることはありません。ゲームの種類が増えてギャンブラーの人たちは喜ぶでしょうけど、はたしてギャンブル人口は増えるのでしょうか?

ハイ・ローラーが来なくてはうま味がないカジノ

カジノは一般のプレイヤーで儲けるのではなく、ハイ・ローラーと呼ばれる大金持ちのギャンブラーが遊びに来ることで成り立っています。なので日本人に解禁し、パチスロと同様に営業しても本当のうま味は無いのです。

IRではないアメリカのカジノのケース

アメリカの街中にはテーブルゲームのみできるカジノ施設(IRではない)がまれにあります。これらのカジノはギャンブラーのみが集まる場所なので日本のパチンコ屋のイメージに近いです・・・と言うより、もっとうらぶれたイメージがあります。もちろんハイ・ローラーが来る場所ではありません(笑)。

日本経済の起爆剤に

カジノを解禁すればすべてがうまくいくわけでは無いのです。そのことはすでにカジノ産業に入り込んでいる日本企業も十分に熟知していると思われます。ひょっとするとシンガポールのIRよりもっと素晴らしいアイディアを見つけることが可能かもしれません。いずれにしても日本経済の起爆剤になるようなIRが実現できることを願っています。

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?
出版社: 集英社
著者: 高城 剛

カテゴリー
旅行 社会・時事

カジノとIR(統合型リゾート)の違いがわかる書籍『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』

世界中のビジネスマンが商談したり、家族が遊びに行くのがIR(統合型リゾート)です・・・と書いても現在の日本ではいまいちピント来ないと思います(笑)。ひょっとすると「子供がカジノにいるのか?けしからん!」という誤解もあるかもしれません。まだまだ日本にはなじみのないIRとカジノの違いを解説した本が『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』です。

書籍『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』

高城 剛さんの著作『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?』はカジノが設立した歴史的背景から、現在主流となってきているIR(統合型リゾート)の現状をレポートしています。またこの本では各国の現状と問題点をふまえたうえで、日本がどのようにIRを導入すべきなのかについても提言しています。

ギャンブラーでなくても、ラスベガスに行ったことが無い人でもカジノとIRの違いを理解でき、IRが地域経済を根本から変える起爆剤になる可能性があることを理解できると思います。ただし成功するためのハードルは高いけど(笑)。

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?

各国のカジノとIRの現状

この書籍ではラスベガス、シンガポール、マカオ、マニラ、フランスなどのカジノとIRについての現状がわかりやすく解説してあります。特にシンガポールのIR導入事例は国の政策を大きく後押しするほど重要な存在となっていることがわかります。またヨーロッパにおけるカジノの成り立ちや、どのようにしてカジノからIRへ変遷したのかについても詳しく解説されているので、カジノに行ったことが無い人でもカジノとIRの違いを理解できるように書かれています。

カジノの問題点と衰退

この本は単純にカジノを推進している立場ではないので、日本がギャンブル依存症を多くかかえている問題、マカオ、マニラが抱えているマネーロンダリングの問題、フランスがIRに移行できない理由、アトランティックシティやレイクラスベガスの失敗なども書かれています。これらのレポートを読むとカジノの導入、もしくは中途半端なIRの導入では失敗する可能性が高いことがうかがえます。

廃墟を活用したサンズ・ベツレヘム

この本はカジノやIRをテーマにしているのにもかかわらず、ラスベガスやシンガポールの華やかな写真は掲載されていません。本を開くと・・・なぜか巨大な工場の跡地の写真が1枚掲載されているだけです。本を読みながらもこの写真は何だろうとずっと気になっていましたが、この謎が最後に明かされます。

この巨大な工場の跡地を活用したIRがサンズ・ベツレヘムだそうです。まるでスチームパンクの映画でも見ているような巨大工場跡地だけでもすごいのに、この廃墟を背景に無料のミュージックフェスが3週間開催されるそうです。IRはアイディアしだいで地方創成にも活用できることが提示されています。

日本はどのようにIRを導入するべきか

高城 剛さんはシンガポールのようにIRを「外国人による外国人のためのIR施設」として導入することを提言しています。しかもアジア各国でIRが開発される状況にあるので、誰もが圧倒されるような施設を作り、レストランやエンターテインメントなども独特で魅力あるものでなくてはならないとしています。なので旧来型の日本のやり方だけではラスベガスやシンガポールのような大きな経済効果は作りだせず、失敗する可能性があることを指摘しています。

ちなみに私としても高城 剛さんの提言は賛成です。ただしIRの競争は年々厳しくなっていくので、本当に日本がIRを有効活用できるのか疑問は残ります・・・特に2020年の東京オリンピックのごたごたを見ているとね(笑)。

英語力の問題

シンガポールのようなIRを導入するにあたり、問題になるのは日本人の「英語力の低さ」だそうです・・・。たしかに「外国人による外国人のためのIR施設」ならば最低限は英語が喋れないとサービスできませんよね。

私もラスベガスやシンガポールで遊べるように、ちゃんと英語の勉強をしようと思います(笑)。

カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ?
出版社: 集英社
著者: 高城 剛

カテゴリー
社会・時事

大統領選挙を意識して公開されたレオナルド・ディカプリオの出演するドキュメンタリー映画『ビフォア・ザ・フラッド』

レオナルド・ディカプリオが気候変動の影響を受けている地域を訪れ、地球温暖化の現状を映像で紹介するドキュメンタリー映画『ビフォア・ザ・フラッド』がナショナルジオグラフィックのYouTubeチャンネルにて無料で公開されています。

ドキュメンタリー映画『ビフォア・ザ・フラッド』の訴えていること

この映画のよくできているところは環境問題に対して理解が深まることだけでなく、この映画を見た人が環境問題に対してアクションを起こせることを訴えていることです。

Before the Flood – Full Movie | National Geographic

残念ながら大統領選挙の終了と共に動画は削除されてしまいました。

消費活動と政治家を変えること

この映画は2つのポイントを訴えています。第1のポイントは消費活動を変えること、第2のポイントは気候変動に立ち向かう政治家を選ぶことです。

(動画のタイムコード1:29:30からスタートするとこの映画のメッセージを見ることができます)

大統領選挙を意識して公開

この映画は「気候変動に立ち向かう政治家を選ぶ」事の重要性を訴えているので、アメリカ合衆国大統領選挙の直前に戦略的に公開されたと思われます。なぜなら映画の中では石油メジャーが共和党にロビー活動をしている話やドナルド・トランプが気候変動に無関心である映像が編集されたうえで、オバマ大統領や国務長官ジョン・ケリーのインタビューが加えられているからです。

この映画が大統領選挙にどのくらい影響を与えるのか?

政治的な解決なくして気候変動は止められない事は理解できますが、この映画が今回の大統領選挙にどのくらい影響を与えるのか疑問です(笑)。なぜなら毎週繰り広げられるスキャンダル合戦によって気候変動の問題が話題に上っているとは思えません。

スキャンダル合戦(もしくは下ネタ合戦)となってる現状

しかも投票日が近づいているにも関わらず現状ではドナルド・トランプの下ネタ問題とヒラリー・クリントンの再燃したEメール問題で手一杯なようです。しかも再燃したEメール問題もアンソニー・ウェイナー(下ネタで有名な政治家)が関係するレベルの話です(笑)。なので今回の大統領選挙は最後までスキャンダル合戦(もしくは下ネタ合戦)で終わりそうです。

現状の大統領選挙によって民主党色が消えたかも?

明らかに民主党をサポートした映画ですが、この映画の民主党色が消えたような気がします。なぜならトランプを応援するメディアはほとんど無いと思われますし、現在の大統領選挙に必要なメッセージは「まともなリーダーを選ぼう」というレベルで決戦が行われている状態ですから(笑)。

追記:エレンの番組にレオナルド・ディカプリオが登場し、「投票に行こう」というメッセージを出しています。

Leonardo DiCaprio on His Powerful Documentary, ‘Before the Flood’

https://youtu.be/SNjDM7h1OAs

時間が無い人はタイムコード1:25:37から見る

本来はアメリカ人に向けて作られた映画ですが、世界中の人が共感できる環境問題のドキュメンタリー映画としてもよくできています。なので多くの人に見てもらいたい映画になっています。しかし見る時間が無い人もおおいはず・・・そのような人は動画のタイムコード1:25:37から見ることをおすすめします。レオナルド・ディカプリオが国連で演説した映像とこの映画の訴えていることのまとめが見られます。頭で理解するだけでなく映像を見て共感することも大切なので、興味を持ったらぜひ最初から見ることをおすすめします。

関連記事

カテゴリー
社会・時事

レオナルド・ディカプリオが地球温暖化の現状を調査したドキュメンタリー映画『Before the Flood』が無料で公開

ナショナルジオグラフィックのYouTubeチャンネルにレオナルド・ディカプリオが出演しているドキュメンタリー映画『Before the Flood』が無料で公開されています。

ドキュメンタリー映画『ビフォア・ザ・フラッド』

レオナルド・ディカプリオが気候変動の影響を受けている地域を訪れ、地球温暖化の現状を映像で紹介します。また科学者たちのインタビューも撮影されており、科学的な調査報告も理解できるような構成になっています。後半は起業家イーロン・マスク、国務長官ジョン・ケリー、大統領バラク・オバマ、宇宙飛行士ピアーズ・セラーズ、ローマ教皇フランシスコなどの有力者とのインタビューになっています。

Before the Flood – Full Movie | National Geographic

残念ながら大統領選挙の終了と共に動画は削除されてしまいました。

レオナルド・ディカプリオが訪れる場所

カナダ、グリーンランド、アメリカ(マイアミ)、中国、インド、キリバス、インドネシアなど環境破壊が進んでいる場所をレオナルド・ディカプリオが訪れます。地球温暖化に関心がなくても話題として知っているような内容ですが、きれいな自然の映像と破壊された後のヒドイ状況が分かるように映像が作られているので身近な問題として認知できるようになります。

簡単にわかるこの映画のポイント

「1時間35分も地球温暖化の映画を見るのはさすがにキツイ・・・」という人も多いと思います。またこの映画はアメリカ人に向けて作られているので、日本人だと知っている内容が多いので飽きてしまう人もいると思います。そこでこの動画の見るべき場所(タイムコード)を書いておきます。

ポイント1:レオナルド・ディカプリオの演説

動画のタイムコード1:25:37からからスタートするとレオナルド・ディカプリオが国連で演説した映像とこの映画の訴えていることのまとめが見られます。

ポイント2:この映画の訴えていることのまとめ

動画のタイムコード1:29:30からスタートするとこの映画の訴えていることのまとめが見られます。

補足:日清食品について

インドネシアにおけるアブラヤシのプランテーション農業について語る場所で、アメリカの食品メーカーと共に日清食品が紹介されています。なぜならカップヌードルはアメリカでも普及しているので、日本のようにスーパーで買うことができるからです。ちなみにこの映画では企業をバッシングするのではなく、消費者に何を購入するのかよく考えることを訴えています。

関連記事