カテゴリー
社会・時事

SDGsを理解するならドキュメンタリー『NATIONS UNITED』を見よう!

みなさんはSDGsを知っているでしょうか?お恥ずかしい話ですが私はちゃんと理解していませんでした。意識の高い企業が使う『流行りのスローガン』くらいにしか捉えていませんでした。

そこで国連が制作したドキュメンタリー『NATIONS UNITED』を見ることで、SDGsがどのような活動なのかやっと理解できました。

ドキュメンタリー『NATIONS UNITED』について

BSAsahiのYouTubeチャンネルと国連のチャンネルにドキュメンタリー『NATIONS UNITED』がアップされました。

世界中の問題を集めたドキュメンタリーなのですが、コロナウイルスによる生活の変化を『物事を変えるチャンス』ととらえているので、最後までポジティブな気分で見ることができます。

町山智浩さんの解説

映画評論家の町山智浩さんがドキュメンタリー『NATIONS UNITED』の解説をしています。この解説を聞けばこのドキュメンタリーの面白さが伝わると思います。

町山智浩が語る「NATIONS UNITED ともにこの危機に立ち向かう」

町山さんが感動したと語っているプロジェクトは、インドのスガタ・ミトラさんによる『壁の穴』プロジェクトです。スラム街の子供たちが路上からパソコンを使えるように、オフィスの壁に穴をあけ、そこにパソコンを設置しました。

その他にもノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんのインタビューも収録されています。




ハリウッドスターの出演

監督はMr.ビーン、ブリジット・ジョーンズの日記などを手掛けたリチャード・カーティスさん。そしてこのドキュメンタリーを豪華にしているのが、ハリウッドスターたちです。

  • タンディ・ニュートンさん
  • ミシェール・ヨーさん
  • ドン・チードルさん
  • フォレスト・ウィテカーさん

さらにバーナ・ボーイさんの歌と、国連で開催されたビヨンセさんのライブを見ることができます。

日本語 吹き替えバージョン

【吹き替え版】NATIONS UNITED ともにこの危機に立ち向かう

日本語 字幕バージョン

【字幕版】NATIONS UNITED ともにこの危機に立ち向かう




UNのオリジナルバージョン

国連のYouTubeチャンネルにアップされているオリジナルの動画です。

内容は同じですが、字幕機能をONにすれば、英語字幕と日本語字幕が表示可能です。SDGs関連の英単語や英語表現を学ぶことに使えそうです。

NATIONS UNITED: ともにこの危機に立ち向かう

持続可能な開発目標(SDGs)とは?

SDGsは国連で採択された国際目標です。17の目標と169のターゲットから成り立っています。

17の目標

  1. 貧困をなくす
  2. 飢餓をゼロに
  3. 人々に保健と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくり
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成

実施期間

2015年9月25日にニューヨーク国連本部でSDGsが採択された日から15年間がSDGsの実施期間です。2030年をゴールとしています。

なので残り10年(2020年現在)ですべての目標を達成しなくてはなりません。達成のためには「スピードを速め、規模を拡大する必要がある」と国連はアナウンスしています。

SDGsに関するサイト

UNITED NATION / SDGs

国際連合広報センター / 2030アジェンダ