カテゴリー
留学

アメリカのビジネススクールの舞台裏を暴露した本『工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行』

東京工業大学名誉教授、今野浩さんによる著書『工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行』は、著者がアメリカのビジネススクールでの教員生活を暴露した話を書いています。ビックリする話がたくさん書かれていますが、そのひとつひとつが最後に提示されるビジネス倫理のお話につながります。楽しく読みながらも、いろいろ考えされられる本です。


工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行 (新潮文庫)

ヒラノ教授とは?

主人公の『ヒラノ教授』とは、著者の今野浩さんの事です。『ヒラ教授』という意味でご自身のことを『ヒラノ教授』と名付けたそうです。この書籍以外にも『工学部ヒラノ教授 (新潮文庫)』、『工学部ヒラノ助教授の敗戦 日本のソフトウエアはなぜ敗れたのか』、『ヒラノ教授の論文必勝法 教科書が教えてくれない裏事情 (中公新書ラクレ)』などシリーズ化されています。

ビジネス・スクールの話がメイン

1979年インディアナ州にあるパデュー大学のビジネス・スクールで4ヶ月ほど教えていた話がメインのストーリーです。教授たちの出世バトルやビジネス・スクールのカルチャーについて書かれています。

特にスタンフォード留学の話、管理人にゲイと間違われた話、失態は許されないアメリカ式ホームパーティーの話など、アメリカ生活をしていると体験したり、考えさせられるトピックが各所にちりばめられています。

肉体関係を迫る学生の話

一番驚かされるの内容は、『肉体関係を迫る学生』の話ではないでしょうか?近年ハーバード大学で教員と学生の『お付き合い』が禁止されたことからわかるように、学費の高いアメリカではありそうな話です・・・果たしてヒラノ教授は誘惑に勝てたのでしょうか?(笑)。

笑いながら読んでいくと、最後に重いテーマが投げつけられる

ひとつひとつのエピソードが面白いので、楽しく読むことができます。なかには『痔の話』などが書いてあり、読んだ人は「このトピックはなんだ?」と思うかもしれません。しかし笑いながら読んていた読者に、最後のエピローグで重いテーマが投げつけられます。

すべてのトピックがビジネス倫理の話につながると理解した時、今まで笑いながら読んできたお話が、笑えない現実の問題として未開結のまま放置されていることに、気がつかせられます(笑)。

追記:本書ではヒラノ教授が航空会社のオーバーブッキングについてふれています。2017年4月に起きたユナイテッド航空の暴力による乗客排除事件は、オーバーブッキングによるビジネスモデルの問題を世間に知らしめてしまったと思います。


工学部ヒラノ教授のアメリカ武者修行 (新潮文庫)
出版社: 新潮社
著者: 今野 浩

カテゴリー
暗記方法

暗記の技術

Daniel KilovさんによるTEDxMacquarieUniversityでの講演です。内容は『暗記の技術』です。

The art of memory | Daniel Kilov | TEDxMacquarieUniversity

暗記はちょっとしたテクニックで誰でもできるようになるとDaniel Kilovさんは言っています。

カテゴリー
暗記方法

普通の人が『暗記の達人』になる方法

TEDxGoteborgでIdriz Zogajさんが講演した動画です。内容は『暗記の達人になる方法』です。

語学学習のためにはじめた暗記術

Idriz Zogajさんは旅行をしたときのコミュニケーションができるように、外国語を覚えようと思っていた時にたまたまドミニク・オブライエンさんの記憶術の本に出合ったそうです。

How to become a memory master | Idriz Zogaj | TEDxGoteborg

ドミニク・オブライエンさんの書籍

Idriz Zogajさんが暗記のテクニックを学ぶために使用したドミニク・オブライエンさんの書籍です。ドミニク・オブライエンさんの書籍は英語でたくさん出版されているので、Idriz Zogajがどの書籍を読んだのかわかりませんが、どの書籍も面白そうです。

記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

試験にパスする画期的テクニック―記憶力の世界チャンピオンが明かす18の秘訣

記憶力世界一チャンピオンのマル秘記憶術 (GAIA BOOKS)

How to Develop a Brilliant Memory Week by Week: 50 Proven Ways to Enhance Your Memory Skills (英語)

カテゴリー
学習方法 暗記方法

言語のバリアを破壊する

Polyglot(多言語を使える人)のTim DonerさんのTEDxTeenでの講演です。

Breaking the language barrier | Tim Doner | TEDxTeen 2014

カテゴリー
おもしろい英語表現

どんな言語でも話せるようになる5つのテクニック

Sid EfromovichさんのTEDxUpperEastSideにおける講演。内容は『どんな言語でも話せるようになる5つのテクニック』です。

5 techniques to speak any language | Sid Efromovich | TEDxUpperEastSide

5つのテクニックとは

1 どんどん間違えること
2 文字を破棄する(発音を覚える)
3 こだわる人(直してくれる人)を探す
4 シャワー・カンバセーション(会話の復習 シャワー中でなくてもよい)
5 仲間と練習

どのテクニックも学校教育では使っていない

Sid Efromovichさんの提唱するテクニックをひとつひとつ見ていくと普通のアドバイスに思えるかもしれません。しかし、よく考えてみると従来の学校教育ではどのテクニックも使ってません。特に1番目のテクニック「どんどん間違えること」などは学校では許されません(笑)。なので学校教育のような方法で勉強が長続きしなかった人や英語をなかなか覚えることができなかった人は上記の5つのテクニックを学習に取り入れてみてはいかがでしょうか?学習方法を変えてみる価値は十分にあると思います。

カテゴリー
モチベーションアップ 学習方法

語学学習をうまくやリ抜く為の方法とモチベーションの作り方

Benny LewisさんのTEDxWarsawでの講演。タイトルは『語学の学習をうまくやリ抜く』です。

Benny Lewisさんの語学学習方法

21才まで英語しかしゃべれなかったBenny Lewisさん。スペインに6ヵ月滞在する機会と一生懸命にスペイン語を勉強したにもかかわらず、スペイン語をしゃべることができませんでした。そこで彼は方法とモチベーションを変えれば言語のスキルも変わるのではないか?と考えたところから話はスタートします。

Hacking language learning | Benny Lewis | TEDxWarsaw

間違ったモチベーション

テストのため、キャリアアップのため、他人から感心してもらうため、などの理由では語学学習のモチベーションは続かないと言ってます。語学への情熱、文学や映画への情熱、誰かと話すための情熱などの強い理由がないとモチベーションは続けることができないと言っています。

語学学習に興味が持てない5つの理由に反論する

1. 言語学習の才能がない

言語学習の才能が無いからと言って勉強しなければさらに悪循環に陥るだけだ。
学校で他の生徒よりも20%早く習得する生徒がいたとしても、それがやめる理由にはならない。他の生徒よりも20%多く勉強するしかない。

2. 外国語を覚えるには年をとりすぎている

イスラエルのハイファ大学の研究では学習によい環境であれば子供よりも大人の方が適している。
子供は遊びながら覚えるのであって、文法書を読みながら退屈な練習をしているわけでは無い。
その言語を勉強するためではなく、その言語を使用することで成功する。

3. 今はその国に行くことができない

インターネット(Skype)を使用してお金をかけずに会話できる。
国際化しているので小さな町でも外国語を話す人に出会って会話できる。

4. 単語を覚えるための記憶力が悪い

復習を繰り返すことで記憶する。
イメージ・アソシエーション・テクニックを活用する。

5. ネイティブスピーカーを失望させる

彼らの言葉を使うことで喜んでくれる人の方が多い。
完璧主義は言語習得に悪い。
ビギナーとしてその言語を使うことを受け入れることで次の段階に到達する。

他のビデオ

Benny Lewisさんのビデオ『10年間の旅行で学んだ10のレッスン(Top 10 lessons learned in travelling the world 10 years)』です。こちらも面白いです。

Benny Lewisさんの書籍 (英語のみ

Fluent in 3 Months in Only Pb

カテゴリー
学習方法

6ヶ月で語学を習得する方法

The Third Earの著者でもあり、中国人のための英語学習システム(iPhoneとiPad用アプリ)カンフー・イングリッシュをつくったクリス ロンズデールさんの講演です。タイトルは『6ヶ月で語学を習得する方法』と驚きの内容になっています。日本語字幕が設定できるので英語がわからなくても大丈夫です。

6ヶ月で語学を習得する方法 クリス ロンズデール TEDxLingnanUniversityでの講演

5つの原則と7つのアクション

クリス ロンズデールさんの提唱する、5つの原則と7つのアクションをメモしてみました。

5つの原則

1:自分にかかわる情報に集中する
2:最初からコミュニケーションの道具としてその言語を使う
3:最初に内容を理解していれば、無意識のうちに言葉を身に付けることができる
4:言語学習は身体トレーニングに近い
5:心理状態が重要(悲しみ、怒り、不安などのネガティブな感情では上手くいかない、楽しくリラックスして学習する)

7つのアクション

1:たくさん聞く
2:言葉よりも先に意味を知る
3:単語を組み合わせる
4:核の部分に集中する(頻繁に使われる言葉を覚える)
5:ランゲージ・ペアレントを持つ(ランゲージ・ペアレント:あなたに関心があり、対等な立場で、気を使ってくれる人)
6:顔の動かし方をまねる
7:頭の中のイメージに外国語をダイレクトコネクトさせる(母国語から外国語へ翻訳させない)

クリス ロンズデールの書籍 (英語のみ


The Third Ear

だれでも絵が描けるようになるトレーニング

講演の中で出てきた「だれでも絵が描けるようになる」トレーニングはカリフォルニア州立大学ロングビーチ校の教授ベティ エドワーズがロジャー・W・スペリーの分割脳研究をヒントに考え出したメソッドです。


決定版 脳の右側で描け[第4版]
ベティ エドワーズ (著), 野中 邦子 (翻訳)

カテゴリー
学習教材

スター・ウォーズで学べる英和辞典

なんとスター・ウォーズで英語学習ができる英和辞典『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編』が出版されています。中学レベルの基本英単語を中心に約1,000語、しかも例文がスター・ウォーズのセリフだったり、シーンの解説なので覚えやすい。通常の辞書の例文なんて覚える気にならないけど、この例文ならばすべて暗記したくなります。イラストも約200点掲載されているので、スター・ウォーズのファンならば小学生でも英語の勉強できるかもしれませんね。

ジェダイ入門者編・・・ってことはシス入門編とかシリーズ化されるということでしょうか?楽しみです。

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編

カテゴリー
学習教材

スターウォーズで英語と算数が学べるワークブック・シリーズ(幼児向け)

スターウォーズのキャラクターやメカのイラストを使いながら英語や算数が学べるスターウォーズ・ワークブックスが出版されています。ディズニーやしまじろうなどのキャラクターたちもいいですけど、男の子ならばスターウォーズの方が興味を引くのではないでしょうか?正直、子供たちよりも、「こんなワークブックが子供の頃に欲しかった」と思う父親の方が多いかもしれませんね(笑)。

幼児から小学2年生までの学習に

スターウォーズ・ワークブックス・シリーズは幼児から小学2年生までの子供が対象です。アメリカで出版されているワークブックなので英語で書かれていますが、ネイティブの子供たちが初めて英語と算数を学習するためのワークブックなので、日本人の子供でも問題なく学習できると思います。ただし小学2年生のライティングは親が少しだけ手伝ってあげる必要があるかもしれません。

親子でコミュニケーションしながら楽しく勉強

ライティングのワークブックではスターウォーズのキャラクターのイラストを使用して「好きなシスを選んで、その理由を書け」など、子供たちが自発的に文章を書きたくなるような教材に仕上がっています。子供が自発的に勉強するのも理想的ですが、親子でコミュニケーションしながら楽しく勉強できることの方が重要かもしれません。親子でスターウォーズの会話ができるなんていいですよね。

英語のワークブック

フォニックスを使ったアルファベットの学習から、簡単な文章を使いこなせる小学2年生のレベルまでの学習範囲をカバーしています。ワークシートなので子供が自分の手を動かして書きこむことができます。イラストも豊富に掲載されているので、落書きもしながら英語学習をすると記憶の定着をサポートしてくれると思います。

幼児むけの英語ワークブック

Star Wars Preschool ABC Fun!: For Ages 4-5(英語)

Star Wars Kindergarten Phonics & ABCs, for Ages 5-6(英語)

Kindergarten Writing & ABCs, for Ages 5-6(英語)

小学1年生むけ英語ワークブック

Star Wars 1st Grade Reading, for Ages 6-7(英語)

Star Wars 1st Grade Writing, for Ages 6-7(英語)

小学2年生むけ英語ワークブック

Star Wars 2nd Grade Reading, for Ages 7-8(英語)

Star Wars 2nd Grade Writing, for Ages 7-8(英語)

幼児むけ図形、色、パターンのワークブック

英語や数学の学習とは違う脳のパートを使っているので、幼児にとっては図形と色の学習も大切だと思われます。なので幼児向けのこのような学習教材は英語、数学、図形と色をセットにして作られることが多いです。

Star Wars Preschool Shapes, Colors & Patterns for Ages 4-5(英語)

算数のワークブック

数字の学習から簡単な算数までスターウォーズのキャラクターを使って学習できます。子供だってリンゴの数を数えたりするのはつまらない作業です。しかしスターウォーズに登場するメカの数を数えるのならば、子供にとって自発的に数えたくなる楽しい作業になると思います。

幼児むけ算数ワークブック

Star Wars Preschool Number Fun, for Ages 4-5(英語

Star Wars Kindergarten Math Skills, for Ages 5-6(英語)

小学1年生むけ算数ワークブック

Star Wars 1st Grade Math, for Ages 6-7(英語)

小学2年生むけ算数ワークブック

Star Wars 2nd Grade Math, for Ages 7-8(英語)

追記:3歳以下の子供を対象にした学習教材

3歳以下の子供が学習できるスターウォーズの絵本シリーズも出版されています。

関連記事:スターウォーズでアルファベットと数字を学習できる絵本:スターウォーズ・ボードブックス・シリーズ

カテゴリー
留学

日本の大学とは全く違う名門大学CalArtsでの入学試験

アニメーターでもあり、『ザ・ブック・オブ・ライフ』の監督でもあるホルヘ・グティエレスさんによるTEDxKidsでの講演動画が公開されています。講演内容は名門大学CalArtsでの入学試験について語っています。

ホルヘ・グティエレス TEDxKidsでの講演

ディズニーやピクサーなどのアニメーターが多く卒業することで有名な大学CalArts(California Institute of the Arts)の入学試験を受験したときのことを語っています。この時の体験がホルヘ・グティエレスさんの人生を大きく変え、アニメーション『ザ・ブック・オブ・ライフ』や他の作品にも影響を与えたそうです。

Every picture tells a story — The Book of Life | Jorge R. Gutierrez | TEDxKids@SMU

また講演の後半では、『ザ・ブック・オブ・ライフ』の主題でもある『自分の人生は他人が書いていくものではなく、自分で書いていくものだ』というアドバイスや『大きな夢を分割して達成すること』、『他人がどのようにして成功したのか調べること』など、子供だけでなく大人でも為になるようなアドバイスもしています。


ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~(特別編) [DVD]

罵倒されてしまった名門校CalArtsでの面接試験

ホルヘ・グティエレスさんはCalArtsの入学試験のために作品集を2冊作り、面接試験に挑みました。1冊はイラストレーションの作品(エイリアン、モンスター、ビキニ姿の女の子など十代の青年が好きそうな作品)を集め、もう1冊はペインティングの作品(子供の頃から好きだったメキシコのカルチャーに影響を受けた作品)を集めていました。

Crap(駄作)ばかりのイラストレーションの作品集

面接官がイラストレーションの作品集を手に取ると「これはCrap(駄作)だ、これもCrap、これはもっとひどい。」とキビシイ反応を見せました。面接官は「この作品集は自分の好きなものをコピーしたものだ。これらの作品は自分がどんな人物なのか、自分が考えていることは何なのか、何も語っていない。これでは君はアーティストではない、ただのコピー機だ。」と言い、ホルヘさんに作品集を手渡しました。

ペインティングの作品集が窮地を救う

落ち込んだホルヘさんはイラストレーションの作品集を受け取り、退席しようとしました。その時、面接官が「もう一つの作品集を忘れているぞ」と言ってメキシカンカルチャーに影響を受けたペインティングの作品集を開きました。その瞬間に面接官は「ビューティフル」と言ってペインティングの作品を褒めはじめました。「この作品が君で、これが君が言いたいことだ。この絵を映像にしたら、今まで誰も見たことが無いようなアニメーションができるだろう。これを続けることを約束するなら入学してもよい」と言われ、名門校CalArtsに入学することができたそうです。

学生に求める人物像が日本とは違う

日本の美術大学の入学試験では試験用の指定された絵をきちんと描けることが合格の条件だと聞きます。ある画家が「デッサンのレベルが低い作品はもちろんダメだけど、レベルが高くてもダメ」と言う話をきいたことがありますから、日本の大学が求める人物像は限定された範囲内の人物であり、CalArtsとはだいぶ違うようです。

日本の教育よりもCalArtsのような教育方針が合う学生はCalArtsに挑戦してみるといいかもしれません。ただしかなりキツイ言葉をぶつけられるのは覚悟する必要がありそうですね(笑)。