英単語 『Brain Surgery(脳外科手術)』の持つもうひとつの意味

『Brain(脳)』と『Surgery(外科手術)』をつなげ、『Brain Surgery』とすることで『脳外科手術』という言葉になります。医療関係者ならば頻繁に使う単語かもしれませんが、普通は頻繁に使う単語ではないでしょう・・・できることなら無縁でありたいものです(笑)。しかし”Brain Surgery”が持っているもうひとつの意味は普通の生活で頻繁に使用されます。

英単語『Brain Surgery(脳外科手術)』の持つもうひとつの意味

Brain Surgeryには『とても難しい作業』という別の意味もあります。たしかに脳の手術は難しそうな作業ですから、このような意味を持ったのは自然な流れかもしれません。だたし一般人が使う表現なので、医学用語のお堅いイメージからはかけ離れます。

notと共に使う

使い方は以前の記事に書いたRocket Science(ロケット工学)と全く同じです。肯定文で使っても問題ありませんが、notと共に使い “It’s not brain surgery.” と決まり文句のように使われます。わざわざBrain Surgeryという単語を使って表現しているので、「それは脳外科手術のように難しいことではないよ」と気軽にアドバイスしている感じで使います。

『Brain Surgery』と『Rocket Science』どちらを使うか?

どちらでも好きな方を使って問題ありません。正確な統計をとったことはありませんが、私の経験では『Brain Surgery』よりも『Rocket Science』の方がよく使われているような気がします。たぶん私の友達が医療系よりも工学系出身者が多いからでしょう(笑)。

医学と英語に関する書籍


東大病院発 医療スタッフのための英会話 CD BOOK
出版社: ベレ出版
著者: 東京大学医学部附属病院英語マニュアル出版プロジェクトチーム


『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』
出版社: SCICUS
著者: 田淵 アントニオ


必ずアクセプトされる医学英語論文 完全攻略50の鉄則
出版社: 金原出版
著者: 康永 秀生