英単語 『Rocket Science(ロケット工学)』の持つもうひとつの意味

Rocket Scienceを日本語に訳すとロケット工学という意味ですが、この単語には日常的に使うもうひとつの意味があります。

ロケット工学 = 難しい

Rocket Scienceには「難しい」というもうひとつの意味があります。たしかにロケット工学は頭の良い人たちが活躍する分野ですから、このような意味が生まれても不思議ではありません。

否定をともなうケースが多い

「難しい」という意味で使う時は否定をともなうケースが多く、 “It’s not rocket science.”のように使います。意味は「それは難しいことでは無いよ」となりますが、英語のニュアンスを残して日本語に訳すならば「それはロケット工学のように難しいことでは無いよ」といった感じです。

Rocket Scienceが使われるシチュエーション

新しいことを初めてする人に「それは難しいことでは無いよ」とアドバイスする時に使えます。例えば友人が「絵を描きたいけど、自分にできるかどうかわからない・・・」とためらっているときに

“Painting is not rocket science.”

と言って友人を励ますことができます。ただし通常の会話では、話の内容がわかっている状態ですから、Painting などの名詞はわざわざ使用しないので、 “It’s not rocket science.”と決まり文句のように使われることが多いです。

トップの写真について

この記事のトップに使用した写真はフロリダにあるケネディ宇宙センター・ビジターコンプレックスの展望台に設置されたロケットエンジンです。ケネディ宇宙センターの中に入れるツアーが開催されているので、フロリダ観光のおすすめスポットです。

追記

同じように使われるBrain Surgery(脳外科手術)について記事を書きました。

理系と英語に関する書籍


マンガでわかる技術英語
出版社: オーム社
著者: 坂本真樹


キクタンサイエンス工学編 (理系たまごシリーズ 13)
出版社: アルク
著者: 佐藤洋一


日経サイエンスで鍛える科学英語3 [ノーベル賞科学者編]
出版社: 日本経済新聞出版社
著者: 日経サイエンス編集部